銀行融資の基本

銀行融資を初めて申し込む場合の審査期間はどれくらいですか?

初めての銀行融資の申込はいろいろとわからないところがあると思います。
第一は審査が通るかどうかでしょう。
その次にわからないのはどれくらい審査期間がかかるのかではないでしょうか。

銀行の審査手順

融資審査の流れ
この図は銀行の融資審査手順を示したものです。
どのような融資案件であっても必ずこの審査手順を踏んで銀行は融資可否を判断しています。

新規先への融資審査の特徴

さきほどの審査手順は既に融資取引がある取引先、今回が初めてとなるお客様に関わらず同じ手順にて融資審査が行われます。
しかし既に融資取引がある取引先については銀行は多くの情報を保有しています。
したがって上記の審査手順を踏んで審査が行われるものの、既にわかっているところもありますからそれだけ審査はスピーディに進んでいきます。
これに対して新規先に関しては銀行はほとんど情報を持っていません。
一からすべて調べる必要があります。
特に審査手順の最初にある「何をしている会社か?」について銀行は徹底的に調べます。
融資は銀行にとって収益を得る有力な手段であることに間違いはありません。
それとともに融資は焦げ付けばそれは銀行にとって損失が発生することとなります。
したがって銀行は融資審査において最終的に融資が焦げ付く危険性がないのかどうかを入念に審査を行うのです。
「何をしている会社か?」というのは返済可能性を検討するにあたってとても重要な情報ですから、徹底的に銀行は調べるのです。
すでに取引がある先であれば「何をしている会社か?」ということは銀行は知っています。
しかし新規先については銀行は知りません。
ここに実は銀行は多くの時間を割いて調べるのです。
「何をしている会社か?」以外の審査項目についても銀行は入念に調べますから、初めての融資先、つまり新規先についてはどうしても審査期間が長くなってしまうのです。

1週間や2週間では無理

初めての融資先についてはこのように入念に様々なことを銀行は調べますから、1週間や2週間で審査結果が出るようなことはありません。
一方ですでに融資取引がある取引先については1週間や2週間で審査結果を出すことは可能です。

最短でも1ヶ月はかかる

初めて銀行に融資を申込んだ場合、審査結果が出るには最短でも1ヶ月はかかると考えてください。
したがって融資が必要な時期から逆算して余裕をもって銀行に相談することが大切です。
どれだけ急いで審査をしてくれと銀行に頼んだとしても初めての融資先の場合には、最短でも1ヶ月は審査に時間を要しますから、それよりももっと早く銀行に審査を頼んだ場合には申し込みを断られることも少なくありません。
銀行としては無理なものを引き受けて後から「間に合わない」というトラブルに発展することを避けたいからです。
初めての銀行融資の申込はとにかく早く相談することが大切なこととなります。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-