銀行融資の基本 融資審査マンの見方

クリニックの開業資金で運転資金は利用できますか?

クリニックを開業するにあたり必要となる資金の多くは不動産の確保や医療機器の準備など設備面に要するものが多くを占めます。
そのためクリニックの開業資金の多くは設備資金になります。
ところでクリニックの開業資金において運転資金を含めて相談することはできるのでしょうか。

クリニックの開業資金

クリニックを開業するにあたり開業資金の融資相談は少なくありません。
クリニックを開業するにあたっては、開業する場所の確保の面で不動産の確保、クリニック内の内装工事資金、クリニック運営の中心となる医療機器の準備など多くの資金が必要となります。
これらの資金を自己資金ですべて賄えることは稀であり、そのため多くの方がクリニックの開業資金を利用しています。
銀行の中には「開業医ローン」と称してクリニック開業資金専用の融資商品を提供しているところもあります。
いずれにしてもクリニックの開業資金の中心はクリニックをハード面を準備するための設備資金が大半となります。

クリニックの開業資金に運転資金も可能か

ではクリニックの開業資金において運転資金も相談することができるのでしょうか。
答えはクリニックの開業資金において運転資金も申し込むことができます。

クリニックの開業にはソフト面も必要

クリニックの開業にあたってはクリニックのハード面の準備が中心となりますが、クリニックのハード面が準備できたからといってクリニック事業が行わるわけではありません。
医師はもちろんのこと、看護師や事務スタッフも当然に必要となるでしょう。
またクリニックを構えたからといって自動的に患者さんが来ません。
当然にクリニック開業にあたって広告も必要でしょう。
クリニックが軌道にのれば人件費や経費などはクリニック事業から得られる収入により賄えることができますが、クリニックの開業当時はそういった資金もありません。
そのためにクリニックの開業にあたっては当面の運転資金も開業資金として申し込みをすることができます。
実務的にはハード面の設備資金と合わせて一緒に運転資金も開業資金として申し込むを行うことになります。

クリニック開業の注意点

私の長年の融資実務経験からとなりますが、クリニックの開業資金を申し込みされる方はとにかくハード面にお金をかけすぎるように感じます。
近隣の既存のクリニックを差をつける目的もあると思いますが、内装を豪勢なものにして必要以上にハード面にお金をかけすぎるように感じます。
そのためクリニックの開業資金の相談額は多くなりがちです。
しかし開業資金は借入ですから、その後のクリニック収入などにより返済をしていかなければなりません。
当然、開業資金融資の金額が多いほどその後の返済負担は重くなります。
内装を豪勢なものにして他の既存クリニックを差をつけたいという狙いがあるのかもしれませんが、患者さんは決して内装が豪勢だからという理由でクリニックを訪れることはないのではないでしょうか。
清潔感があれば十分だと思います。
クリニックを開業しても当初の計画通りに収入が確保できない事態も想定しておく必要があります。
クリニックの開業資金はなるべく抑制されることをおすすめします。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-,