融資審査マンの見方 銀行の本音 資金繰り

赤字だが融資が受けられないと倒産してしまいます

主力銀行に相談

赤字で融資が受けられないと資金繰りがショートし倒産してしまうという緊迫した状況においては、取引銀行の中の主力銀行に相談をしてください。
赤字で融資が受けられないと倒産してしまうという瀬戸際の状況では、銀行の本音としては融資をしたくありません。
なぜなら融資が焦げ付く可能性が高いと考えられるからです。
このような状態で主力銀行以外の取引銀行に相談をしても、十中八九、融資を断られます。
主力銀行以外の取引銀行は融資先を最後まで支えるという意識は乏しく、瀬戸際の状態ではこれ以上不良債権を増やしたくないという逃げの思考が優先します。
一方で主力銀行の場合には融資先を最後まで支えるという意識があるとともに、社会的な役割も認識しています。
また実際の心理面において融資を断ることで取引先が倒産してしまう、倒産の引き金を引くことは避けたいという心理が強く働きます。
ですから何はさておき主力銀行に相談してください。

今後の見込み

そうはいってもいくら主力銀行であっても無条件で、どのような場合でも融資支援を行うとは言えません。
現実に融資を打ち切り会社が倒産してしまったケースは山のようにあります。
どこが融資支援を受けられるか、融資が打ち切られるかの分かれ目かと言えば今後の見込みの一語に尽きます。
担保がある、ないも関係はしますが、最後は今後の見込みです。
今後の見込みがなければ仮にどれだけ担保があっても融資は打ち切られます。
今後の見込みは次の2つの事柄があります。

業績の維持・回復見込み

今後も業績が悪化一筋であれば融資の見込みはありません。
ただ単に延命治療だけでは銀行の不良債権が増えるだけですから。
どのようにして業績を少しずつでも改善させるのか、その具体策とともに銀行に丁寧に説明をしてください。
実現不可能なバラ色の見込みではだめです。
「なるほど」とか「それなら何とか行けるかもしれない」と銀行に思わせるような内容でなければいけません。
決して背伸びをする必要はありませんから、地道でも着実に改善に向かうような具体策を示してください。

融資で資金繰りがいつまで持つのか

もう一つの見込みの説明は資金繰りです。
融資をしても2,3ヶ月後には再び資金繰りがもたないというので銀行としても支援がしづらいです。
最低でも6ヶ月、1年は持つような資金繰りの計画が必要です。
逆を言えば資金繰りが最低でも向こう6ヶ月、1年が持つような規模の融資を相談してください。
しかし肝心なことはその融資により確実に6ヶ月、1年は資金繰りが持つような納得のある資金繰り計画でなければなりません。

取引先の支援は得られないか

今後の見込みの説明のところで取引先、つまり仕入先の支援が得られるかどうかも可能であれば準備をしておくと良いでしょう。
仕入先の支援というのは要するに材料費や外注費などの支払を待ってもらえることが可能かどうかということです。
銀行としても銀行自身以外に融資先の資金繰りに協力をするようなところがあると心強いものです。
また仕入先の支援を得るということは正直なところ避けたいところでしょう。
なぜなら仕入先から「危ない」と見られて仕入が出来ないリスクがあるからです。
それにも関わらず仕入先の支援が得られるということは融資先の自力の努力として銀行としては高い評価が出来るのです。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方, 銀行の本音, 資金繰り
-