融資審査マンの見方

移転や修理が理由で赤字となっても銀行融資は大丈夫ですか?

事務所の移転費用で赤字になってしまう

「事務所を移転し、かつ移転先の内装・修理費用が嵩んでしまい、そのために今期の決算が赤字になりそう。赤字になると銀行の融資は厳しいと聞いているが大丈夫かどうか・・・」。
確かに赤字決算になると銀行の融資スタンスは厳しくなります。
銀行からすると融資は必ず返済してもらう、つまり融資資金を回収する必要があります。
回収出来なければ銀行に損失が生じることになるからです。
赤字決算に対する銀行が抱くイメージは次のとおりです。
銀行員の思考

赤字の原因によって銀行の融資スタンスは異なる

ところで同じ赤字決算であっても赤字の原因により銀行の融資スタンスは異なります。

赤字が本源的な原因である場合

赤字が本源的である場合、つまり売上がジリ貧状態で毎期毎期赤字が続いているような場合です。
赤字垂れ流し状態とも言え、銀行がもっとも警戒する赤字の原因です。
早期に赤字体質が改善される見通しがなければ銀行も融資に踏み切ることは非常に難しいと言えます。
貸したお金が返ってこない危険が高いと判断出来るからです。

赤字が一過性の原因である場合

おおむね業績は無難に推移しているが、一過性、つまり一時的な要因で赤字になってしまう場合です。
今回の事務所の移転費用や修理費用は毎期毎期発生するものではなく、あくまでも一時的な要因です。
このような一過性の要因で赤字になってしまう場合には銀行の融資スタンスはそれほど厳しくはなりません。
一時的な要因がなくなれば再び黒字決算に回復する見込みが十分にあると考えることが出来るからです。

一過性の要因で注意を要する場合

基本的に一過性の要因で赤字になってしまう場合には銀行の融資スタンスは大きく変わりませんから心配する必要は低いのですが、一点だけ注意を要する場合があります。
それは赤字により債務超過になってしまう場合です。
実際の事例で説明しますと、長らく代表取締役を務めていた社長が退任し多額の役員退職金の支払いがありました。
このためその決算期では大きな赤字になってしまいました。
役員退職金は毎期毎期発生するものではなく、あくまでもその決算期だけの一過性の要因です。
しかし赤字額が大きすぎたために債務超過に転落してしまったのです。
債務超過についてはすでにご存じの方が多いと思いますが、簡単に言いますと資産よりも抱えている負債の方が大きい状態です。
一過性の要因とは言え、その決算期の赤字により債務超過に転落してしまうということは、そもそもそれまでは総じて黒字体質であったとしてもその割合が低かったことが考えられます。
債務超過であるということはその会社が設立されてから現在までの累計では黒字ではなく赤字ということであり、銀行から見ると決して安心出来る融資先ではないと考えられます。
また債務超過は融資が堂々と断れる理由の1つですから、今後の融資がスムーズに受けられなくなる懸念も生じてきます。
この点には注意が必要です。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5