融資審査マンの見方 資金繰り

差し押さえと融資審査との関係

預金口座等への差し押さえの履歴がある場合の事業融資審査への影響について説明をします。
差し押さえに対する銀行の考え方と併せて説明をします。

差し押さえと融資審査との関係に関する質問

開業資金の融資の相談を銀行にしています。
事業計画書などはすでに提出しており、先日、担当者との面談も終わりました。
担当者の方からは事業計画の内容について良い評価をもらっていますし、私自身の過去の経験が十分に活かせる起業だととも評価を得ています。
ところが申込時に預金口座の通帳の写しを提出しており、そこに税金の滞納のための差し押さえの記録があります。
この差し押さえについて担当者からは大きなマイナスになると指摘を受けています。
最終的には総合的に融資審査を行うとは言われていますが、差し押さえのために融資審査が通らないのではないかと心配をしています。
差し押さえがあるや事業資金の融資審査に通ることは無理でしょうか。

差し押さえの種類

差し押さえといっても大きく2つのケースがあると思います。
1つ目はトラブルに伴う差し押さえです。
仕入先、販売先間で契約内容などでトラブルがあり、そのために差し押さえが行われる場合です。
もう1つ目は代金を支払いしないために強制回収の手段としての差し押さえの場合です。
今回の質問のケースは後者のパターンです。
1つ目のトラブルに伴う差し押さえの場合には直ちに資金面が苦しいために差し押さえが行われたとは言えません。
一方で2つ目の支払いがなされないために行われる差し押さえは資金面が苦しいということが想像されます。
融資審査において特に問題となる差し押さえは後者のケースです。

支払い遅延による差し押さえが融資審査では大きな問題となる

銀行の差し押さえに対する見方

銀行の事業資金の融資審査においてもっとも大切なことは融資がきちんと返済されるかどうかです。
そしてきちんと融資の返済を行うには何はともあれ資金繰りが安定していることが必須です。
税金を滞納して差し押さえを受けたということは資金繰りがとにかく苦しいことを示しています。
そもそも差し押さえは税金を滞納したらすぐに行われるものではないはずです。
相当期間、滞納の状態が続き何度も督促を行ったにもかかわらず納付がされないためにやむを得ず強制回収手段として差し押さえが行われるものです。
そのため差し押さえが行われるということは相当に資金繰りに困っていると想像されます。
したがって差し押さえがあると銀行は一般的に融資審査には厳しい態度になってしまいます。

支払い遅延による差し押さえは融資審査が一般的にかなり厳しくなる

差し押さえがある場合の融資審査は総合的に判断される

もっとも差し押さえがあれば直ちに融資審査が通らないというわけでもありません。
差し押さえがある場合の融資審査は総合的に判断されます。
例えば差し押さえが受けたことがあるが、それは5年も10年も昔のことであれば、昔は資金繰りが苦しかったものの現在の資金繰り面に心配がないことも考えられます。
このように差し押さえがあったものの、その時期が相当以前の場合にはあくまでも現在の状況にて融資審査が行われます。
開業資金で言えば事業計画の実現可能性や自己資金の状況などを踏まえて総合的に融資審査の判断が行われます。

差し押さえが相当以前の場合には差し押さえが影響はそれほど融資審査にはない


一方で差し押さえが行われた時期が先月などと最近のことであれば、資金繰りへの懸念が大きく融資審査が通ることはまずありません。
差し押さえが1年以内に行われた場合には同様の判断になる可能性が高いです。

差し押さえの時期が1年以内の最近の事態であれば融資審査には通らない

差し押さえと融資審査との関係のまとめ

以上、差し押さえと融資審査との関係をまとめますと次のようになります。

まとめ

・相手方とのトラブルに伴う差し押さえではなく支払い滞納に伴う差し押さえが融資審査では重大
・差し押さえは資金繰りが危ないことを示す事実
・差し押さえの時期が相当以前のことである場合には、現在の状況などを踏まえて総合的に融資審査は行われる
・差し押さえの時期が1年以内など最近の事である場合には、融資審査は通らない

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-融資審査マンの見方, 資金繰り
-,