銀行融資の基本 資金繰り

手形貸付と運転資金の関係

銀行から手形貸付にて運転資金を借りる形態はもっともオーソドックスな借り方です。
銀行での融資現場から運転資金と手形貸付の関係について説明をします。

手形貸付とは

手形貸付は証書貸付と並んで銀行の代表的な融資形態の1つです。
銀行から融資を受けるには銀行の融資の証拠書類、つまり債権書類の差し入れが必要となりますが、手形貸付は融資の債権書類として約束手形を銀行に差し入れる形態です。
証書貸付の場合には金銭消費貸借契約書を債権書類として銀行に差し入れるわけですが、手形貸付の場合には約束手形を銀行に差し入れることとなります。

手形貸付の特徴

手形貸付の一番の特徴は手形貸付による融資は短期の融資に利用されるということです。
短期の融資とは融資期間が1年以下のものを指しますが、銀行から短期間の資金需要により融資を受ける際に用いられるのが手形貸付です。
逆に長期の融資の場合には証書貸付が用いられるのが一般的です。
したがって短期融資を受ける際には手形貸付で、長期融資を受ける場合には証書貸付になると考えれば良いでしょう。

手形貸付は短期融資によく用いられる融資形態

運転資金と手形貸付の関係

運転資金とは

運転資金とは簡単にいえば売上回収までの資金繰りのつなぎ資金です。
売上の実現とともに売上代金が手元に入ってくれば良いのですが、事業の多くは掛売りで行われています。
そのため売上が実現してもすぐには売上代金は手元に入ってくることはなく、後日販売先との契約によって決められた時期に売上代金を回収することとなります。
売上代金を回収する間にも仕入資金の支払や従業員への給与などの経費の支払いがあるはずです。
そのため売上代金が回収されるまでの間に必要となる資金のことを運転資金と呼んでいます。
そして売上代金が回収されることによって運転資金の需要は収束することとなります。
つまり運転資金は売上代金回収までの短期間の資金需要ということになります。

運転資金融資は売上代金回収までの短期間の資金需要に対応することが原則

運転資金融資に手形貸付が利用される理由

このように運転資金融資は短期の融資となることから手形貸付がよく利用されるのです。
手形貸付が運転資金の融資に利用される一番の理由はここにあります。

手形貸付のころがし

ところで運転資金というのは実は常に必要となる特徴があります。
事業が繰り返し継続して行われているわけですがから、売上は常に発生しています。
そのため売上代金回収までの資金繰りのつなぎの必要も常に発生していることとなります。
したがって実は運転資金の資金需要は短期間に収束するものではなく、常時発生していることが実態です。

手形貸付の継続

そのため運転資金を短期の手形貸付で調達をして期日に返済したとしても、また運転資金の資金需要が発生します。
そのため銀行での融資実務においては手形貸付の運転資金融資を期日に継続することが頻繁に行われています。
この手形貸付の融資を継続することを手形貸付の書き換えとか手形貸付のころがしなどと呼ばれています。
手形貸付の期日にまた別の新しい約束手形を銀行に差し入れることで実質的に手形貸付の運転資金融資を継続するのです。

手形貸付と運転資金の関係のまとめ

以上、手形貸付と運転資金の関係をまとめますと次のようになります。

まとめ

・手形貸付は短期の銀行融資によく用いられる
・運転資金は売上代金回収までの資金繰りのつなぎであることから原則として運転資金は短期間の資金需要
・そのため運転資金の融資にはよく手形貸付が用いられる

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 資金繰り
-,