銀行融資の基本 資金繰り

融資とビジネスローンの違いは何ですか?

融資とビジネスローンはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは融資とは銀行からの融資、ビジネスローンは消費者金融会社や信販会社が取り扱っているビジネスローンとの比較で説明をします。

融資とビジネスローンの共通点

最初に銀行が行う一般的な融資とビジネスローンの共通点について説明をします。
融資とビジネスローンはどちらも「融資」です。
事業者から見ればどちらも借入金でまったく同じです。
ビジネスローンという名前がついているだけで「融資」そのものですし、事業者から見れば借入金です。

ビジネスローンという名前がついているだけでビジネスローンも融資そのもの

融資とビジネスローンの違いとは

銀行が行う一般的な融資も消費金融会社などが取り扱っているビジネスローンもどちらも「融資」「借入金」で同じです。
あえて融資とビジネスローンの違いということに焦点を当てるとすると、それは取扱条件や基準の違いでしょう。

融資とビジネスローンの違い 審査基準

銀行が行う一般的な融資とビジネスローンの違いでもっとも大きいものはやはり審査基準でしょう。
銀行の融資審査とビジネスローンの審査を比較した場合、ご承知のようにはるかに銀行の審査基準の方が厳しいものとなっています。
融資審査の流れ
この図は銀行で行われている融資の審査項目を一覧にしたものですが、実に多岐にわたり1つ1つ厳格に審査をしていきます。
銀行の融資審査が厳しい理由はこれらの審査項目の多さと、それぞれの審査項目を厳格に検証しているところにあります。
これに対してビジネスローンではここまで審査項目が多くはありませんし、また審査項目ごとの審査基準も銀行に比べると相当に低い基準に設定されています。
銀行での融資審査には通らなかったがビジネスローンの審査には通ったというのはこの違いによるものです。

銀行の融資審査基準はビジネスローンの審査基準に比べるとはるかに高い

融資とビジネスローンの違い 提出書類の大小

さきほどの審査のところで説明をしたように銀行の審査項目は多岐にわたります。
そのため銀行から提出を要請される資料も多岐にわたる場合が少なくありません。
これに対してビジネスローンで必要となる書類が銀行に比べるとはるかに少ないものとなっています。
ビジネスローンで必須の資料というと一般的には決算書と本人確認資料だけであり、ケースによって追加で書類の提出を求められるという具合です。

ビジネスローンで提出が必要な資料は銀行に比べると相当に少ない

融資とビジネスローンの違い 金利

銀行が行う融資とビジネスローンの違いはやはり金利です。
ビジネスローンの金利は銀行の融資と比べると高い水準に設定されています。
この金利の違いはさきほどの審査基準に基づくものです。
銀行の融資審査は厳しくビジネスローンの審査基準は相対的に低いということは、ビジネスローンの方が貸倒れとなる確率が高いということです。
そのためビジネスローンでは高い金利を設定しないとビジネスモデルが成り立たなくなります。

銀行融資とビジネスローンの金利を比較するとやはり銀行の方がはるかに低い

大切なことは資金繰りを維持すること

銀行の融資もビジネスローンもどちらも「融資」という点で共通ですが、審査基準などでは大きな違いがあります。
できれば金利も低い銀行からの融資を利用したいところです。
しかし銀行の融資審査基準が厳しいですから、銀行から融資を受けられないケースもあり得ます。
ただし資金繰りをショートさせることはできません。
資金繰りがショートしてしまえば、その時点で事業は破綻し倒産となってしまう可能性が大です。
資金繰りを維持して事業を継続させるというもっとも大切な観点からはビジネスローンも強い味方になってくれることは事実です。

融資とビジネスローンの違いのまとめ

以上、銀行からの融資とビジネスローンの違いをまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行の審査基準は厳しく審査時間も長い
・これに比べてビジネスローンの審査基準は相対的に低く審査時間も短期間で終了する
・ビジネスローンの金利はやはり銀行の融資に比べると高い

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 資金繰り
-