銀行融資の基本

運転資金の復元とは

以前に銀行から運転資金を借入し、数年が経過してまだ借入残高が残っているものの、追加で運転資金の融資を受けたいが以前の借入が終わらないと難しいのかどうかというご質問を時々いただきます。
今回のそのような疑問についてお答えをしていきます。
運転資金は事業を継続する限り、原則として常に必要な資金です。
ですから銀行から運転資金の融資を受けて返済を続けている途中で、再び運転資金の融資が必要となるのは自然なことだと言えます。

モデルケースで考えてみましょう

次の図をご覧ください。
運転資金の復元
この図は横軸が時間で縦軸が金額です。
5,000万円の融資を返済期間5年で利用した場合の残高の推移を黄色の矢印で示しています。
借入金額5,000万円で返済期間5年の分割返済を想定していますので、1年毎に借入残高が1,000万円ずつ減少していきます。
今回のテーマはこの借入がまだ返済途中の段階で追加の、次の融資が受けられるかどうかという点です。

運転資金復元のモデル

次の図をご覧ください。
運転資金の復元
このケースは借入後2年半が経過した時点で再び5,000万円の融資を実行したケースです。
つまり借入後2年半、つまり当初の借入5,000万円の残高がちょうど半分になった2,500万円の時点で、返済が進んだ分の2,500万円の融資を実行した場合です。
返済が進んだ分の融資を再び行うことを運転資金の復元または折り返しと呼んでいます。
当初の5,000万円の融資とは別に新たに2,500万円の融資を実行するケースもあれば、今回のように新たに5,000万円の融資を実行すると同時に当初の融資を回収するケースもあります。
前者のケースですと借入本数が2口になるのに対して、後者のケースは今までの同様に5,000万円1口の融資となります。
後者の方がすっきりとしていて融資を利用される側はベターだと思います。
このように運転資金の融資は返済途中で再び追加の融資を行うことがよくあります。
したがって当初借入を返済しない限り、追加の融資が受けられないということはありません。
もっともそのタイミングは関係していきます。
上記のケースは当初の融資実行から2年半が経過した時点でした。
では当初の融資から半年が経過した時点ではどうかと言いますと、これはちょっと早すぎる感覚です。
銀行側としては少なくとも1年が経過した時点からが好ましいと考えています。
1ヶ月とか半年が経過した時点だと「もうお金が苦しいの?」というネガティブな気持ちを抱いてしまいます。

常に追加融資が可能とは言えない

しかし、ある程度返済が進んでも追加の融資が必ず銀行から受けられるとは限りません。
銀行は追加の融資を行う際にはその都度審査を行っています。
現在の融資が返済が進んだから、ほぼ自動的に追加の融資を承認するということではないのです。
ですから当初の融資から2年とか3年が経過して融資残高が減少していても、その時点の業績が悪いなど状況が悪化していれば追加の融資を断るということもあります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.