銀行融資の基本

根抵当権のメリットとデメリット

銀行に不動産担保を出すときはその不動産に抵当権もしくは根抵当権という担保登記がなされます。
抵当権と根抵当権の違いを理解しながら根抵当権のメリットとデメリットをわかりやすく説明をします。

抵当権とは

抵当権とはその抵当権で担保される融資が特定されるものです。
例えば現在、銀行から1,000万円の融資を受けているとします。
そして今回、2,000万円の融資を不動産担保に抵当権の設定をして融資を受けることになったとします。
するとこの銀行から受けている融資は1,000万円と2,000万円の2つとなります。
抵当権で担保する融資は2,000万円のみであり、1,000万円の融資は抵当権の対象外です。
つまり抵当権は2,000万円の融資だけを対象にしたものであり、1,000万円の融資は関係がありません。
このように担保の対象となる融資を特定するのが抵当権です。

抵当権は特定の融資のみを担保の対象とするもの


なおさらに今後、別の融資を受けたしてもこの融資は抵当権の対象とはなりません。

根抵当権とは

これに対して根抵当権とは担保の対象となる融資を特定しない特徴があります。
現在1,000万円の融資と2,000万円の融資の2つの融資を受けている場合、根抵当権は2つの融資とも担保の対象となります。
さらに今後、別の融資を受けたとするとその融資も根抵当権の対象となります。
抵当権は対象となる融資が特定されていたのに対して、根抵当権は対象となる融資を特定せずかつ将来の融資も自動的に根抵当権の対象となるという特徴があります。

根抵当権は対象となる融資を特定せず現在と将来の融資の全部が根抵当権の対象となる

根抵当権のメリット

融資のたびに面倒な設定手続きが省略できる

根抵当権のメリットとしては融資を受けるたびに面倒な設定手続きをしなくても良いという利便性です。
抵当権や根抵当権を設定する際には国に支払う登録免許税や司法書士への設定登記の委託料など相応に費用が生じます。
融資を受けるたびに抵当権を設定するとなると面倒な設定手続きを都度行う必要があるとともに、上記の費用負担が発生します。
根抵当権であれば一度設定しておけば融資を受けるたびごとに設定手続きや費用の支払いがありませんのでメリットがあります。
したがって繰り返し融資を利用する可能性があるのであれば抵当権よりも根抵当権の方がメリットがあります。

根抵当権は一度設定すれば今後の融資に都度担保設定手続きや費用の支払がないメリットがある

融資が受けられる可能性が高まる

根抵当権のメリットとして他には根抵当権の金額までは銀行から融資が受けられる可能性が高まるということです。
例えば根抵当権として5,000万円を設定している場合、基本的に銀行はその根抵当権には5,000万円の担保価値があると見ています。
したがって5,000万円までの融資であれば銀行は根抵当権にて融資がカバーされていることになります。
そのため業績の良し悪しに関わらず5,000万円までは融資が受けやすくなるというメリットが根抵当権にはあるのです。

根抵当権の設定額までは業績の良し悪しに関係なく融資が受けられる可能性が高まるメリットがある

根抵当権のデメリット

根抵当権のデメリットとしては複数の融資が担保の対象となっているということです。
抵当権であれば対象となる融資をすべて返済すればその抵当権は効力を失い抵当権を外すことができます。
これに対しては根抵当権は複数の融資が担保の対象としていますから、1つの融資だけをすべて返済しても根抵当権を外すことはできません。
複数の融資をすべて返済することでようやく根抵当権を外す環境が整うこととなります。
根抵当権はなかなか外せないというのがデメリットとなります。

根抵当権は一度設定するとなかなか外せないデメリットがある

抵当権か根抵当権にするかの判断基準

このように根抵当権にはメリットとデメリットがあります。
不動産担保を出して銀行から融資を受ける際に抵当権にするか根抵当権にするかの判断基準としては、今後の融資予定によって判断されるのがよろしいかと思います。
当面は融資を受ける予定がないのであれば抵当権を選んだ方が良いでしょう。
一方で今後も繰り返し融資を受ける予定があるのであれば手続きが簡単な根抵当権を選んだ方が良いでしょう。

根抵当権のメリットとデメリットのまとめ

以上、根抵当権のメリットとデメリットをまとめますと次のようになります

もっと詳しく

・根抵当権は一度設定すれば将来の融資も対象となるため都度の設定手続きや費用支払いが不要というメリットがある
・根抵当権の設定額までは業績の良し悪しに関係なく融資が受けられる可能性が高まるというメリットがある
・根抵当権は一度設定するとなかなか外せないというデメリットがある

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-