銀行融資の基本 融資審査マンの見方

銀行が1年間返済を猶予してくれるなどあるのでしょうか?

質問

会社経営をしている友人が売上が苦しいために、銀行の融資担当とは話し合いを行い、銀行が1年間返済を猶予してくれ、毎月の返済はよいとのことです。
本当にそのようなことはあるのでしょうか?

回答

リスケですね。
業績が厳しく資金繰りが悪化しているため、銀行が返済の猶予を行うことはあります。
半年間とか1年間、毎月の元金返済をゼロにしたり、今までよりも返済額を少なくして融資先の資金繰りを支援することは返済猶予、いわゆるリスケとして銀行は対応をしています。
ただしリスケのデメリットは十分に把握しておくことが大切です。
金利が上がるなどのデメリットがありますが、もっとも厳しいデメリットとしてはリスケをしている間、およびその後元の返済額に戻ったとしても一定期間は原則として追加の融資は受けることが出来ません。
したがってその間は自己資金のみで事業を継続する必要があります。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5