担保

担保はないが銀行から融資は受けられますか?

 

銀行から融資を受けるには担保が求められる、担保がないから融資は無理だと考えていらっしゃる方が意外に少なくありません。 無担保で銀行から融資が受けられるのは上場企業など大企業の話であって、中小零細企業で ...

担保があれば融資はしてもらえますか?

銀行にとって担保というのは万が一の時の融資資金の回収手段となります。 そのため担保が十分にあれば銀行は貸倒に会うことなく確かに融資資金が全額回収出来るでしょう。 しかし原則として銀行は「担保があるから ...

財務内容によって無担保融資の可否が決まる

銀行の融資の少なくとも半分以上は実は無担保扱いの融資です。 不動産などの担保を取った上での融資は半分以下です。 では誰でも無担保融資が受けられるかどうかというとそこは甘くはありません。 銀行が無担保扱 ...

担保がなくても本当に銀行から融資が受けられるのですか?

初めて銀行から融資を受ける際には担保がないと無理と考えている方が意外に多いようですのでここに整理しておきます。 担保がなくても銀行から融資が受けられることは決して珍しいことではありません。 銀行の融資 ...

担保があっても融資出来ないものは出来ない

不動産などの担保は銀行融資を受ける際に強力な武器になります。 銀行としても担保があれば万が一の場合にはその担保を処分することにより、融資が回収出来ることになりますから融資がしやすい判断材料となります。 ...

売掛債権を担保にした融資制度

 

銀行融資の担保の代表例は不動産や有価証券、預金です。 無担保扱いにて銀行融資が受けられれば問題はないのですが、融資の金額ボリュームや業績如何によっては無担保での融資が難しい場合も多くあります。 ただし ...

担保があっても融資が可能とは限りません

銀行融資において不動産担保に代表される担保は債務者が返済不能となった場合の万が一に備えての最後の融資回収手段です。 担保があれば銀行としては融資が回収出来る可能性がありますから安心出来るのは確かです。 ...

担保があれば金利は低くなる

銀行融資の金利は貸倒リスクに対する対価の側面を持っています。 財務内容が良好な会社と毎期赤字が続いている会社を比較した場合、どちらが銀行融資の貸倒リスクが高いかと言えば、当然毎期赤字が続いている会社と ...

担保余力と融資審査の関係

企業活動には資金が必要です。 この点において資金が続く限り企業は存続することが出来ます。 例えば決算がどれだけ赤字であっても資金繰りが続く限りは倒産することなく、企業活動を継続することが出来ます。 一 ...

銀行融資は担保があるから行うわけではありません

いわゆるバブル経済期においては銀行は融資先の業績如何に関わらず、単純に担保があるかどうかだけで融資判断を行っている時期がありました。 融資先が赤字続きで決算が債務超過であっても、融資がカバーされる不動 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5