銀行融資の基本 融資審査マンの見方

担保なしでも銀行融資は受けられますか?

銀行はハードルが高く担保がないと融資を受けることは難しいという話を時折耳にします。
実際はどうなのか、担保がないと銀行融資は受けられないのかを銀行の融資現場からの視点で説明をします。

銀行にとっての担保とは

銀行融資において不動産担保に代表される担保は債務者が返済不能となった場合の万が一に備えての最後の融資回収手段です。
担保があれば銀行としては融資が回収出来る可能性がありますから安心出来るのは確かです。
銀行は融資をする際には必ず審査を行います。
この融資審査は最終的には担保で融資は回収できるから大丈夫という判断ではありません。
お客さんの日々の事業活動によって得られる利益できちんと銀行融資が返済できるかどうかを審査しているのです。
ただし融資後の将来のお客さんの状況は誰にも予想できません。
返済は大丈夫だと思っていても、何かしらの要因で融資の返済が困難になってしまうケースが現実には存在します。
担保はそのためのもの、つまり将来融資の返済の返済が困難になるという審査時には想定外のことが発生した際の最後の融資の回収手段なのです。
これが銀行にとっても担保の意味です。

銀行にとっての担保は将来の万が一の場合に備えた融資の回収手段

担保があれば銀行融資は受けられるのか

では担保があれば銀行はすべて融資に応じるのかと言えば、必ずしもそうではありません。
銀行融資の審査においては担保の有無の前に債務者の返済能力を審査します。
担保有無の以前の問題としてお客さんは事業活動から得られる利益によってきちんと融資の返済が可能なのかどうかがポイントです。
したがって担保があるから融資を行うわけではありません。
担保が仮に十分見込めるとしても事業活動から得られる利益でもって融資の返済が難しいと判断すれば、銀行は融資に応じません。

担保が十分にあっても事業活動から得られる利益で融資の返済が難しければ銀行は融資に応じない

担保がなくても銀行は融資を行う

担保が十分にあっても事業活動から得られる利益で融資の返済が困難であれば銀行は融資に応じないわけですが、この裏返しは事業活動から得られる利益で融資の返済が可能と考えれば銀行は担保がなくても融資に応じています。
担保なしでの銀行融資は数えきれないほどあります。
まずは事業活動から得られる利益で融資の返済が可能かどうかが最大のポイントなのです。
銀行融資は担保の有無ではありません。

銀行融資は担保なしでも受けられる

担保がなくても銀行融資は受けられますか?のまとめ

以上、担保がなくても銀行融資が受けられるかどうかをまとめますと次のようになります。

まとめ

・銀行にとって担保とは将来の万が一の場合の融資の回収手段
・銀行は担保に依存した融資は行っていない
・事業活動から得られる利益で融資の返済が可能かどうかが融資可否の最大のポイント
・事業活動から得られる利益で融資の返済が可能と判断されれば銀行は担保なしでも融資を行う

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-,