当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本

銀行融資の据置とは

融資の中には元金返済を一定期間、据置、つまりその期間は利息のみを支払い返済開始は据置期間経過後に始まるものがあります。
融資の据置には資金繰り上のメリットがある一方で、デメリットもあります。
銀行の融資の据置のメリットとデメリットについて融資担当の銀行員が説明をします。

融資の据置とは

融資の据置とは融資の返済が一定期間がない状態のことです。

利息の支払いはあるが元金の返済はない

融資の据置の間は利息の支払いはありますが、融資そのものの元金の返済はありません。

融資の据置とは元金の返済がない状態のこと

融資の据置が取り扱われる事例

それでは銀行の融資で元金返済の据置が用いられる代表的な事例を紹介します。

短期の運転資金

運転資金は一般的に融資期間が3ヶ月とか6ヶ月の短期の融資で取り上げられることが一般的です。
この短期の運転資金の融資の返済では期限一括返済がしばしば用いられます。
期限一括返済とは融資期間が期限に融資全額を一括して返済する方法です。
融資期限までの間は融資の返済がない、つまり据置となります。
この間は利息のみを1ヶ月毎といった間隔で支払いを行うこととなります。

融資の据置が用いられる事例⇒短期の期限一括返済型の運転資金融資

設備資金

設備資金においてはしばしば据置が用いられます。
設備資金というのは設備投資で必要となる資金です。
新しい工場を建築する、製造のためのラインを新設する、新しい店舗を出店するなどが設備投資の事例です。
この中で新しい工場を建築する設備投資の場合には、新しい工場が完成して稼働するまでには一定期間が必要となります。
この新しい工場が稼働するまでの間は融資の返済を据置にして、工場が稼働開始になってから融資の返済をスタートするといった例です。

融資の据置が用いられる事例⇒設備資金の融資

リスケ

業績の悪化などで資金繰りが苦しくなった際に用いられるものがリスケ、つまり融資の返済の猶予です。
リスケにはいろいろなケースがありますが、リスケ期間中は利息のみを銀行に支払い、融資の元金の返済は猶予されることがあります。
この融資の返済の猶予とは据置のことです。

融資の据置が用いられる事例⇒リスケ

融資の据置のメリット

融資の据置のメリットは何と言っても資金繰りの安定です。

銀行融資は返済しなければならない

当たり前のことですが、およそ銀行融資は最後まで返済しなければなりません。
しかし融資の据置の期間中は元金の返済がありません。
元金の返済がないということは資金の支払いがありません。
このため資金繰りは据置の分だけ楽になります。
融資の据置のメリットは資金繰りの安定に尽きます。

融資の据置のメリットは資金繰りの安定

融資の据置のデメリット

融資の据置はメリットだけではありません。
デメリットもあります。

元金返済据置期間中の追加融資には消極的

元金返済の据置期間中に新たな追加借入が可能かどうかですが、原則として困難です。
融資の返済は融資月の翌月から始めるのが基本です。
それを一定期間猶予しているのが元金返済の据置制度です。
銀行からすれば「この前の融資の返済がまだ始まっていないのに追加の融資など出来ない」という理屈になります。
銀行としては貸したお金は返してもらわなければなりません。
貸したお金の返済がまだ始まっていない中で、更なる融資はしづらいのです。
元金返済の据置期間が終了し、返済開始となってから初めて追加融資を検討するのが銀行の基本スタンスです。

融資の据置のデメリット⇒据置の期間中は追加融資が受けづらい

トータルで支払う利息が多くなる

融資の利息は融資の元金残高に対して発生します。
据置とは融資の元金の返済を一定期間ない状態ですから、元金の残高が減りません。
元金の残高が減らないということは利息の支払額も減らないということです。
元金の残高が減っていけば、それに比例して利息の支払額も減っていきます。
融資の据置を利用すると結果として、トータルで支払う利息の額が増加するというデメリットがあります。

融資の据置のデメリット⇒トータルで支払う利息の金額が増える

安易に返済据置制度を利用しない

返済据置制度は融資先の資金繰りに配慮したものですが、しかし融資ですから必ず返済をしなければなりません。
またさきほども説明をしましたように返済据置期間中は元金が減少しないですから、元金に対して発生する利息も減少していくことがありません。
安易に元金返済の据置制度は考え方としては返済負担を後日にしわ寄せするものです。
返済据置期間中は返済負担がありませんから資金繰り的にはプラスに働きますが、後々に資金繰りを圧迫する原因にもなります。
制度として認められているからといって安易に返済据置を利用しないことが賢明だと考えます。

できるだけ融資の据置は利用しない方が良い

銀行融資の据置とはのまとめ

以上、融資の据置についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・融資の据置とは元金の返済がない状態のこと
・融資の据置を利用することにより資金繰りを安定させるメリットがある
・一方で融資の据置の期間中は追加融資が受けづらくなる
・融資の据置は安易に利用しない方が良い

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本