銀行融資の基本

信用保証協会を理解しよう

信用保証協会は中小企業・個人事業主の味方

資金繰りを維持するうえで時と場合によっては銀行などの金融機関から借入をしないといけない場面も出てきます。
では銀行に足を運んで借入の相談をしてみても、すんなり応じてもらえるのかどうか不安ではないでしょうか。
「うちみたいに小さい会社に銀行さんは融資をしてくれるのか?」「個人商店だから融資など相手にしてもらえない」などの不安をお持ちだと思います。
確かに銀行などの金融機関が行う融資には審査があり、「貸して大丈夫か」「返済出来るのか」を含めていくつかの切り口から審査を行っています。
誰でもが知っているような大企業であれば銀行も安心して融資ができる可能性が高いでしょう。
一方で中小企業や個人事業主の場合にはどうしても大企業のような力はありませんから、さきほどの「貸して大丈夫か」「返済出来るのか」といった不安を銀行は持ってしまいます。
こうなってしまうと中小企業や個人事業主はスムーズに銀行から融資を受けることが難しくなります。
そこで救世主である信用保証協会が登場するのです。

信用保証協会とは何?

信用保証協会は前項の都道府県にある公的機関です。
その役割は中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に保証人となってくれる公的機関です。
公的機関が保証人になってくれるのですから銀行としても安心して融資を実行することが出来ます。
「大丈夫かな」などと心配な中小企業向けや個人事業主向けの融資であっても、公的な機関である信用保証協会が保証人になってくれるのですから安心です。
つまり信用保証協会は信用力が弱い中小企業や個人事業主がスムーズに銀行から融資を受けられるようにする仕組みなのです。

信用保証協会の利用の仕組みを理解しよう

では信用保証協会が保証人となってくれる行わる融資はどのようなものなのかを説明します。
次の図をご覧ください。
信用保証の仕組み
この図は全国の都道府県にあるうちの東京都にある信用保証協会である東京信用保証協会のサイトに掲載されている図です。
とてもわかりやすいので図をお借りしました。
信用保証協会の仕組みを使った融資に登場してくるのは中小企業、信用保証協会、金融機関の3者です。
この図で重要なところは③の保証承諾・信用保証書の発行の部分です。
この保証承諾・信用保証書の発行というのはつまりは信用保証協会が保証人になってくれるということです。
これで金融機関としては安心して中小企業や個人事業主に融資(上記の図ではオレンジ色の矢印の部分)を行うことが出来るのです。

ココがポイント

信用保証協会は大半の中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に利用している仕組みです。
今では日本を代表する大企業に成長した会社も、昔は信用保証協会を利用して銀行から融資を受けていました。
安心して利用できる制度です。
中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際には必ず登場してくる信用保証協会ですからぜひ知っておいてください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.