当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本 融資審査マンの見方

日本政策金融公庫だけ通常返済をしていくことは可能ですか?

リスケを銀行と交渉するさいに今後の運転資金のことが心配になることでしょう。
その場合、1つの銀行だけリスケをせずに運転資金が必要となった時にその銀行から融資を受けたいと相談事があります。
1つの銀行だけリスケをせずに通常返済をしていくことが可能なのかどうかについて融資担当の銀行員が説明をします。

融資担当銀行員の回答

融資担当銀行員の回答

・リスケは融資を受けている銀行が同一条件で応諾することが前提条件
・1つの銀行だけ通常返済をすることは困難

リスケに関するある質問

3つの銀行から融資を受けていますが売上が不振で資金繰りが苦しいためにリスケを交渉中です。
方向としては向こう1年間の元金返済ストップでリスケがまとまりそうな状況です。
ただしリスケをすると今後の運転資金などの融資を受けることが難しいと聞いています。
3つの銀行の中に日本政策金融公庫があるのですが、この日本政策金融公庫だけはリスケをせずに今まで通り通常返済を行い、将来運転資金が必要となった時に融資が受けられるようにしておきたいと考えています。
このようなことは可能なのでしょうか?

リスケは全銀行同一が大前提

リスケは実は銀行にとってもコストが増大し痛みを受けることになります。
リスケを行った融資については今までよりも多くの貸倒引当金を積み増す必要があります。
貸倒引当金というのは銀行にとってはコストです。
このためリスケは銀行にとって痛手を伴う対応策です。

リスケは銀行にとっても痛手を被る

痛手は平等に受ける

このような背景がありリスケ、つまり銀行にとっての痛手は融資をしている銀行が平等に受けるということが大原則となっています。
一部の銀行がリスケをせずに今まで通り通常返済をしていくということは、その銀行は痛手を受けませんし、かつ早期に融資を回収していくこととなります。
これでは他の銀行は到底受け入れられるものではありません。

痛手、つまりリスケは融資をしている銀行が平等に被る

日本政策金融公庫だけリスケをしないことは無理

将来の資金不足に備えて日本政策金融公庫だけリスケをせずに今まで通り通常返済をしていきたいという気持ちはわからないことではありません。
しかしこれでは他の銀行がリスケに同意しません。
日本政策金融公庫を通常返済するのであれば、うちも今まで通りに返済をしてくれということになります。
まとまるリスケがまとまらなくなります。

日本政策金融公庫が将来融資に応じるとは限らない

仮に日本政策金融公庫を通常返済していくことで他の銀行のリスケがまとまったとしても、将来、日本政策金融公庫が狙い通りに融資に応じるとは限りません。
融資には当然審査がありますから、その時の業績等によって融資を断るということも十分にあり得ます。

日本政策金融公庫だけ通常返済をしていくことは可能ですか?のまとめ

以上、日本政策金融公庫だけ通常返済を行い、他の銀行はリスケをすることについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・リスケは銀行にとっても痛手を受ける事柄であり、その痛手は融資をしている銀行が平等に受けることが大原則
・日本政策金融公庫だけ通常返済することは他の銀行が認めない

当サイトが確認済の事業資金融資です(PR)



1.中小企業・個人事業主向け事業資金
大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

2.融資枠型ビジネスローン【あんしんワイド】
GMOあおぞらネット銀行が提供するビジネスローンです。
繰り返し利用ができる融資枠(極度枠)タイプです。
運転資金やつなぎ資金に利用ができます。

3.保証人不要の事業資金
ネットで完結する事業資金融資です。

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-