個人の借金

キャッシングをしてキャッシング返済

返済しないと事故になってしまう・・・

先月に10万円のクレジットカードのキャッシングを利用した。
返済は一括返済で。
今月の27日にその返済がせまっているが手元にお金がない・・・
また今月キャッシングをして返済することが出来れば良いが・・・。
そうでなければ返済出来ずに事故になってしまうので消費者金融など別のところから借金をしないといけない・・・。

キャッシングの締め日を確認しましょう

クレジットカードのキャッシング枠が10万円の場合、先月に10万円を使っておりまだ返済をしていないのに今月さらに10万円が使えるのかどうかですが、これは締め日の関係で使える可能性があります。
次の図をご覧ください。
キャッシングの締め期間
これはクレジットカードのキャッシングの締め期間と返済日を簡単に示したもので毎月27日を返済日としています。
前月の1日から月末(31日)までに利用したキャッシングは今月の27日に返済することが必要です。
また今月の1日から月末(31日)までに利用したキャッシングは来月の27日に返済することが必要です。
1日から31日までを締め期間と呼ぶことにしますが、キャッシングの利用枠はこの締め期間毎に管理されていることが多いです。
つまり今月の1日から31日までにすでにキャッシング枠一杯の10万円を利用している場合、今月内は追加利用は出来ませんが翌月の1日になれば再びキャッシング枠が利用できるようになるということです。
つまりキャッシング枠は締め期間毎に設定されていると考えてください。
(クレジットカードによってこの取り扱いが異なる場合があることはご注意ください)
したがって今月27日に返済をしなければならない前月利用のキャッシング10万円は今月に新たにキャッシング10万円を利用して返済することが出来ます。

安易な利用には注意を

しかしキャッシングの返済をキャッシングで行うということは実態は何ら借金の返済を行っていないということです。
来月の返済、つまり今月のキャッシング利用分をまた来月にキャッシングをして返済するようなことを続けていれば、返済が進まないばかりがいつか行き詰まる可能性があります。
キャッシングの返済方法としては一括返済の他に、分割払い、いわゆるリボ払いも用意されています。
リボ払いは長く借金が残るから嫌だと考えていらっしゃる方もおられますが、さきほどのようにキャッシングの返済のために新たなキャッシングを利用しているのであれば借金が減るようなことはありません。
それよりもリボ払いにして着実に借金を返済していった方が結果として借金の返済が早く進むことも大いにあると思います。
来月に確実にキャッシングの一括返済が出来る場合を除いてはリボ払いにすることをおすすめします。
リボ払い中に手元のお金に余裕が出来た場合にはコンビニエンスストアのATMなどで簡単に追加の返済が出来ます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5