返済

借金の返済が苦しい場合、今の借金で凌ぐ

「借金の返済が苦しい場合、今の借金で凌ぐ」。 ちょっとわかりづらいテーマかもしれませんが、借金の返済が苦しい場合には新たな借金を作るのではなく現在の借金の利用方法の工夫で凌ぎましょうということです。 ...

カードローンの返済が苦しく利息のみの返済にしたい

カードローンの返済が苦しい場合、債務整理などを行えば利息のみの支払にすることは出来ます。 しかしこれは個人信用情報に傷がつきますからお薦めしません。 実質的に利息のみの支払となる方法をご案内します。 ...

リボ払いが減りません

クレジットカードのリボ払い。 返済額を少なくすることが出来る便利な仕組みですが、一度リボ払いを利用するとなかなか減らないという声も多く聞きます。 リボ払いがなかなか減らないと感じる理由と少しでも早く減 ...

リボ払いの借金の払い方について

複数のリボ払いの借金を抱えている場合に、どのように返済をしていくのが賢い方法なのかを説明します。 質問 リボ払いの借金が2つあります。 1社目が約50万円借入をしていて借入可能額一杯まで使っています。 ...

繰上返済すべきか手元に置いておくべきか

借金をしていても手元に余裕が出ることもあるはずです。 そのような場合には繰上返済をして借金を減らした方が良いのか、あるいは今後のために手元に置いておくべきか迷うことはないでしょうか? どちらが良いかは ...

赤字が続くと銀行は返済を迫ってきますか?

赤字の意味 融資を返済する元手は基本的に利益です。 黒字であって初めて融資の返済が可能となります。 では赤字の場合はどうか。 赤字だからといって直ちに資金繰りが枯渇してしまい返済が出来ないということに ...

おすすめのキャッシングの任意返済

キャッシングは便利の一方で金利が高いのがネック 急にお金が必要となる時はやはりありますね。 将来の結婚に備えてとか、今後の子供の教育費に備えてなど前々からわかっていることに対しては時間をかけて準備をし ...

複数の借金返済の順番について

 

借金返済の順番の鉄則 借金の返済は借金そのものである元金と利息の合計です。 例えば毎月20,000円を返済している場合、それは借金そのものである元金だけではなく利息の支払いも併せた合計額です。 上の図 ...

規定に少しでも触れたら即、全額返済しないといけないの?

 

期限の利益の喪失 銀行取引約定書の条項の中でもっとも融資先への影響が大きいのが期限の利益の喪失条項です。 期限の利益の喪失は融資先にとっては重大な不利益となるケースが多いです。 期限の利益の喪失条項は ...

プロパー融資とマル保融資のどちらを返済するか

 

先日、担当先の会社からプロパー融資を全額繰上返済したいとの連絡を受けました。 この会社に対してはプロパー融資とマル保融資の両方とも取引がありますが、今回はプロパー融資の方を全額返済したいとのこと。 そ ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5