融資審査マンの見方 銀行の本音 資金繰り

銀行から借入金の一括返済を求められる場合とは?

倒産した場合を除いて銀行から借入金の一括返済を求められる場合はどのような時かというテーマです。
実際に銀行が融資先に借入金の一括返済を求めるケースはあります。

借入金の一括返済に関する質問

中小企業が銀行から借入金の一括返済を要求される場合はどのような場合の時でしょうか?
現在、銀行から短期で借入金があります。
期間は半年で毎回期限に継続をしてもらっており、借入金の一括返済を求められたことはありません。
しかし今後も借入金を期限に継続してもらえるのか不安です。
期限に継続してもらえずに借入金の一括返済を求められることはあるのでしょうか。
また一括返済を求められる場合とはどのような時でしょうか?

短期の期限一括の借入金

融資期間を半年として返済方法は期限一括返済とする短期借入金はよくあります。
ほとんどのケースでは運転資金の借入金でしょう。
手形貸付の形態で融資期間を半年として、返済方法は期限一括返済。
利息だけをこの間は支払う融資形態です。
そして期限が到来するとまた期間半年で融資を継続するというやり方はよくあることです。
運転資金は事業を継続する限り、常に必要となる事業資金です。
そのため返済負担がないように短期借入金には元金の返済は借入期間中はない期限一括返済方式で銀行が融資をしているのです。

銀行は半年ごとに審査をしている

この借入期限に借入金を継続するというやり方ですが、もちろん自動的に継続されるわけではありません。
銀行が借入金の期限到来前に継続するかどうかをきちんと審査をしています。

借入金は期限までに返済する義務がある

そもそも借入金の性格ですが、これは期限までに借入金をきちんと返済する義務があります。
ただし銀行が認めた場合には期限に借入金を返済せずに借入金の継続という方法で借入金の期限を先延ばししているのです。
銀行の審査とはこの期限に借入金の継続を認めるかどうかということです。

借入金の一括返済を求める場合

銀行が期限に借入金の継続を認めないという審査結果となれば、現在の借入金は期限時に一括返済をしなければならなくなります。
ではどのような時に銀行は借入金の継続を認めずに一括返済を求めるのかと言えば、それは一言でいうならば業績の悪化で早く融資を回収しないと貸倒になると考えた時です。
貸倒は銀行の損失となりますから、それを回避するために借入金の一括返済を求めるわけです。

銀行の現実的な対応

しかし業績が悪化しているわけですから借入金の一括返済などできるわけはありません。
銀行もそのような事情はよくわかっています。
そのため現実的な対応を多いのは、借入金の一部の返済を受けて借入金を減額して継続するという方法です。
この対応は現実にはもっとも多いと言えます。

銀行から借入金の一括返済を求められないようにするには

銀行から借入金の一括返済を求められないようにするには、日頃から銀行に業績報告をこまめに行うなどしてコンタクトを取っておくことです。
そしてその際には借入金の取扱についても銀行に相談をしてください。
銀行が一括返済を求めるのは「もうこの融資先とは取引をなくしたい」と考えている裏返しでもあります。
そのように銀行が考えないように日頃からの銀行とのコンタクトは業績悪化時には特に効果を発揮します。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-融資審査マンの見方, 銀行の本音, 資金繰り
-