銀行融資の基本

事業資金の個人借入はできますか?

個人が事業を行うにあたり必要となる事業資金を借入するにあたり知っておきたいポイントを説明します。

そもそも個人が事業資金を借入することはできるのか?

世の中には個人で事業を行っている人はたくさんいらっしゃいます。
事業を行っている個人のことを個人事業主と呼んでいますが、内容は会社の事業と同一です。
事業資金の借入というと会社とのイメージがありますが、事業資金の借入はそもそも会社か個人かで分けるものではありません。
事業資金というのは事業を行うにあたり必要となる資金のことですから、個人が事業を行っていれば当然、その個人にも事業資金の必要が生じます。
そして個人も事業を行っていた事業資金が必要であれば銀行などから借入を行うことができます。
個人だからといって事業資金の借入ができないということはまったくありません。

事業を行っている個人であれば事業資金の借入ができる

個人に対する銀行の見方

事業を行っている個人であれば事業資金の借入ができるわけですが、借入というのは返済をしなければなりません。
銀行からすると借入はきちんと返済をしてもらわなければなりません。
借入をきちんと返済するためには信用面がしっかりとしていないと返済に懸念が持ってしまいます。
一般的に個人が行っている事業規模は会社に比べると小さいです。
また事業基盤もしっかりとしていない傾向があります。
平たく言えば会社形態に比べると個人は事業規模が小さく、かつ事業基盤も脆弱な面があります。
そのため銀行からすると個人向けの事業資金はきちんと返済されるかどうかが非常に心配だということになります。
実際に個人に対する銀行の見方は厳しいというのが事実です。

一般的に個人は事業規模が小さく事業基盤も脆弱ことが多い

個人向け事業資金融資の特徴

では銀行は個人に事業資金の融資を行わないのかというと決してそうではありません。
現に事業を営む多くの個人が銀行から事業資金の借入を行っています。

個人向け事業資金融資は信用保証協会保証付融資

一般的に銀行が行う個人向けの事業資金の融資は信用保証協会保証付融資です。
信用保証協会とは事業を行う個人や中小企業が銀行から借入をするにあたって保証人になってくれる公的機関です。
銀行とすれば公的機関が借入の保証人になってくれるのであれば、安心して融資を行うことができます。
したがって個人向けの事業資金の融資のほとんどは信用保証協会保証付融資となっています。
信用保証協会を利用することにより個人も銀行から会社のように事業資金の借入ができるようになっているのです。

個人に対する事業資金の融資のほとんどは信用保証協会の保証付融資

事業資金の個人借入に関するまとめ

以上、個人の事業資金の借入についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・個人も事業資金の借入を行うことができる
・一般的に個人は事業規模が小さくかつ事業基盤が脆弱
・そのため銀行の個人向け事業資金融資はほとんどが信用保証協会の保証付融資

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-