銀行融資の基本

メインバンク変更の注意点

メインバンクとは基本的に借入残高が一番多い銀行がメインバンクです。
メインバンクを変更する時の注意点について説明をします。
単に金利が安いからといって理由でメインバンクを変更することは要注意です。

メインバンク変更に関する質問

取引のない銀行が既存の取引銀行の借入金肩代りを提案してきています。
金利は現在の借入金よりも低いです。
既存の銀行とは長いつきあいがあり、返すのは気が引ける気持ちもありますが、金利が低いのは魅力的です。
どう対応すればよいでしょうか?

銀行の真の役割

事業を行っていくうえでは資金繰りを安定的に維持することが最優先事項です。
時々「黒字倒産」という言葉を耳にすることがあると思いますが、どれだけ利益が増加して業績が順調であっても資金繰りがショートすればその時点で事業は破綻します。
売上を増やすことは大切なことです。
利益を増やすことも大切なことです。
しかしこれらのことは資金繰りが安定して維持されていて初めて実現可能なことです。
資金繰りがショートしてしまえば一気に信用を無くしてしまい、もう今まで通りの事業を継続することは困難となります。

銀行は資金を供給してくれる

資金繰りが不安定になってきたときに自助努力を行うものの、即効性はありません。
急に資金繰りが危なくなってしまう時もあるでしょう。
そのような時に資金繰りを立て直して安定させるにはやはり銀行からの融資が欠かせません。
銀行は事業においてもっとも重要な資金繰りを支えてくれる存在です。
また銀行としても取引先の資金繰りを支えて事業を継続させる社会的な役割があります。

メインバンクの役割

取引先の資金繰りを支えて事業を継続させる役割を銀行に担っているわけですが、とりわけメインバンクはその中心的な存在です。
取引銀行が複数ある時にはメインバンク以外の取引銀行はメインバンクの動向を注視しています。
業績が順調な時はメインバンクの動きを気にすることなく、他の取引銀行はどんどん融資を含めた営業を仕掛けてきます。

業績が不振な時

ところが業績が不振な時には他の取引銀行はメインバンクの動きを非常に注視をしています。
業績が不振な時には資金繰りが不安定となります。
このような時こそ事業者としては銀行からの融資による資金繰り支援を必要としていますが、一方で銀行は融資の焦げ付きを心配して積極的な融資対応は取りません。
他の取引銀行はメインバンクの動きを見て、メインバンクが融資をして資金繰りを支援する姿勢を確認した上で、融資の検討を行うのが現実です。
もしメインバンクが融資による資金繰り支援を行わないとなると、他の取引銀行がメインバンクに代わって融資による資金繰り支援を行うことはまずありません。

メインバンク変更時の注意点

さてこのように重要な意味をもつメインバンクですが、このメインバンクを変更する時の注意点を説明します。

金利が低いから借り換える

今回の質問のケースは取引のない銀行が低金利を武器にして他の銀行からの借入の借換を提案しているものです。
取引の新規参入手段として低金利を提示して融資を提案するのは銀行の常とう手段です。
仮にメインバンクからの借入を借換することにより、この取引のない銀行からの借入残高がもっとも多くなりメインバンクになる可能性もあります。
結論から言って金利が高い低いを理由にメインバンクを変更することは危険です。
事業者にとって金利が高い低いということももちろん大切なことではありますが、もっと大切なことはその銀行は苦しい時にでも助けてくれるかどうかということです。
メインバンクは苦しい時に助けてくれる第一人者です。
今までのメインバンクの対応を振り返ってみてください。
業績や資金繰りが苦しい時に現在のメインバンクが助けてくれた実績があれば、簡単にそのメインバンクを変更することは注意を要します。
そのようなメインバンクからの借入を金利が低いからといって他の銀行に借換をした場合、もうそのメインバンクは将来、苦しい時にでも今までのように助けてくれるような対応はしないでしょう。

その銀行は助けてくれるか

借換をした銀行は今後苦しい時にでも今までのメインバンクのように助けてくれるのでしょうか。
どれだけその銀行の担当者が「大丈夫です」と言っても実際はそのような苦しい時にならないと助けてくれるかどうはわかりません。

プロパー融資の有無

信用保証協会の保証付融資ではないプロパー融資は銀行自身のリスクにて融資をしています。
信用保証協会の保証付融資しか融資をしない銀行とは大きな違いがあります。
プロパー融資があるということはその銀行は融資先のことを信頼しているという証です。
したがってプロパー融資があるメインバンクを変更することには注意が必要です。
代わりとなるメインバンクがプロパー融資をしてくれるのかどうかを見極める必要があります。

メインバンク変更の注意点のまとめ

メインバンク変更の注意点をまとめます。

・現在のメインバンクは過去に助けてくれたことがある→メインバンクを変更すべきではない
・現在のメインバンクはプロパー融資をしている→メインバンクを変更すべきではない
・金利が高いからメインバンクを変更する→金利の高い低いで判断することは要注意

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本