銀行融資の基本 融資審査マンの見方

銀行融資審査マニュアル2 債務者の属性調査

銀行での融資審査手続きにおいてもっとも最初に着手する項目がこの債務者の属性調査です。
属性調査の目的とその内容について説明をします。

銀行融資審査の流れ

次の図は銀行での融資審査の流れを示したものです。
融資審査の流れ
融資審査の中心は融資したお金が返ってくるかどうか、つまり債務者の返済能力があるかどうかが中心ですがその前に大切な審査項目があります。
それが今回の債務者の属性調査です。
債務者である会社や個人事業主がどのような会社、人か、どのような事業を行っているのかの調査と確認です。

債務者の属性調査

では具体的に債務者の属性調査においては銀行はどのようなことを確認・調査をしているのかを説明します。

反社会的勢力ではないか

債務者、つまり取引の相手方が反社会的勢力である、あるいは関係があるかどうかは銀行に限らず必ず最初に確認をすることです。
反社会的勢力との取引を根絶するというのは社会的に大きな原則ですから、銀行はまずは債務者つまり取引の相手方が反社会的勢力ではないかどうかを一番最初に調査をします。

違法に営業を行っている先

許認可事業を行っているが、実は無許可・無届で営業を行っている先などがこれに当たります。
これらの取引の相手方として不適切ですからきちんと許認可を得て事業を行っているかどうかを確認をしています。

銀行が貸して側として社会的批判を受ける可能性のある先

これは反社会的勢力ではないものの、社会的に見て取引の相手方としてふさわしい先かどうかの確認です。
マルチ商法や催眠商法、ヤミ金に代表されるような暴利の金融業者、性風俗営業などを行っている先などが該当します。
このような公序良俗に反する団体に融資を行うことは貸し手としての銀行が社会から批判を受ける可能性があるからです。

事業内容の確認

上記と並行して審査手続きで確認を行っているのがどのような事業を行っている先なのかということです。
相手の事業内容がわからなければ融資取引にふさわしいのかどうかの判断がつきません。
また融資相談内容が事業内容に照らして違和感がないかどうかを審査するには、相手方がどのような内容の事業を行っているかを理解していないと正しい判断ができません。

まとめ

このように銀行では融資の申込があると貸せるか貸せないか、つまり相談された会社や個人事業主が融資を返済できるかどうかを審査の前に、その前準備として債務者の属性調査という審査を行っています。
この過程で融資取引の相手方として不適切と判断がされれば、その時点で融資審査は終了し融資をお断りすることになります。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5