銀行融資の基本

融資を受けるには 事業内容をわかりやすく説明する

はじめて銀行に融資を受ける・・・。
どのように銀行に話せば良いのか不安があると思います。
銀行から融資を受けるにはどのようにすれば良いのかはいつくかのポイントがあります。
銀行から融資を受けるポイント、今回は事業内容の説明に関することです。

銀行の融資審査手順

銀行では融資の申込を受けた場合には必ず審査を行い融資可否を判断しています。
そのため銀行から融資を受けるにはこの融資審査をパスしなければなりません。
ではこの銀行の融資審査ではどのようなことを行っているのでしょうか。
融資審査の流れ
この図は実際に銀行で行われている融資審査の流れを示したものです。
基本的に銀行での融資審査はこの流れに沿って進められていきます。
そして最初の項目に注目してください。
最初の項目には「何をしている会社か?」とあります。
つまり銀行での融資審査のスタートは申し込んできた会社や個人事業主が何をしているのか、つまりどのような事業を営んでいるのかの把握から始まるのです。

銀行員は詳しくない

銀行では融資先がどのような事業をしているのか、その把握は絶対に欠かせません。
そして世の中では銀行員は経済や事業内容について相当に詳しいと思われていますが、実際はそのようなことはありません。
融資先の事業内容の把握に四苦八苦しているのが真の姿です。

できるだけわかりやすく説明をする

したがって融資を受けるにはまず担当する銀行員の自社の事業内容をできるだけわかりやすく説明することがポイントとなります。
銀行員は知っているだろうと思って簡単に事業内容を説明したとしても、多くの銀行員は理解ができていません。
融資審査には最終的に稟議書という書面で行うこととなりますが、その融資稟議書の中には融資先の事業内容を記載する欄があります。
ここで記載できないとそもそも稟議書が完成しません。
さらに事業内容によって業界の状況や事業の特徴、資金繰りの基本といった稟議に重要なことを把握することができません。
したがって事業内容はできるだけわかりやすく説明することが融資を受けるコツとなります。

事業内容の説明の仕方

では事業内容をできるだけわかりやすく説明するにはどうすればよいのでしょうか。
まず事業内容については口頭だけではなく、なるべく資料を見せて説明することが銀行員の理解をすすめさせるにに有効でしょう。
目で見ると内容の理解度が高まるのは自然なことです。
商品のパンフレットなどの有効でしょう。
また主要な販売先や仕入先についても説明をしましょう。
そして販売先や仕入先との取引条件、つまり売上回収条件や支払条件など資金繰りに関係する点も併せて説明することをおすすめします。
事業内容がわかっても「なぜ資金が必要なのか?」がわからなければ、やはり銀行担当者の手は止まってしまいます。
売上回収条件や支払条件は「なぜ資金が必要なのか?」を解明する大きなヒントとなるからです。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本