資金繰り 銀行融資の基本

運転資金とは?

中小企業や自営業者向けの銀行融資の大半は運転資金です。
運転資金はその性格上、事業を継続している限り必要な資金であり、そのため銀行融資は常時必要な場合がほとんどです。
したがって融資する側の銀行からすれば、融資が固定化する、つまりなかなか返済してもらえない側面があるため運転資金と言えども銀行はきちんと融資審査を行っています。

運転資金とは何か?

ところで一般的のよく言われる運転資金ですが、そもそも運転資金とは何か、これをまずはきちんと理解しましょう。
運転資金の銀行融資審査では「運転資金がなぜ必要なのか?」を最初に究明しようとします。
したがって運転資金を申し込むにあたっては「運転資金がなぜ必要なのか」を明確に銀行に説明し理解してもらうことが大切です。
「運転資金がなぜ必要なのか?」を銀行に説明するにあたっては事業において運転資金が発生する仕組みを理解しておかなければなりません。
すでにご存知の方はおさらいの意味で確認してください。
お金の循環
この図は事業に使わるお金の循環を示したものです。
物を作って販売する製造業を例にお金の循環を説明します。
まずは手元にあるお金を使ってまず製品を作るための材料を仕入します。
手元のお金は材料に姿を変えました。
そしてその材料を使用して製品を作ります。
手元のお金は製品に姿を変えました。
その製品を販売して初めて当初の手元のお金は再び手元に戻ってくることになります。
これがお金の循環サイクルです。
戻ってきたお金で再び材料を仕入れる・・・この繰り返しです。
ここで問題になるのが販売したらすぐにお金が手元に入ってくるかどうかです。
現金商売など一部の事業を除き、大半の商売は掛売りで成立しています。
掛売り、つまりツケで売る、売上金は後で回収する形態です。
つまり製品を販売してもすぐにはその販売代金であるお金が手元に入ってこないのです。
売上金は次の仕入れや従業員の給与、事務所の家賃やリース料の支払などの元手となるものです。
この元手が掛売りの場合は、後日手元に入ってくることになりますからその間は資金が不足することになります。
資金が不足すれば次の仕入れや給与の支払などが出来ません。
これでは困りますから後日手元に入ってくるまでの間、資金のつなぎが必要です。
このつなぎが「運転資金」なのです。

さらに商売をする以上はある程度の在庫を持っていることが求められます。
在庫は売れてはじめて現金になるものです。
在庫である限りは現金が手元に入ってくることにはなりません。
したがって在庫を持つ分、現金のつなぎが必要になってきます。
ここでも運転資金が必要ということになります。

一方で商品を仕入れする場合、掛売りの反対でツケで買う場合がほとんどです。
ツケで買うということは商品を仕入れするときには現金が必要ではないということです。
現金が必要ではないということはこの部分では運転資金は不要ということです。

今までの説明を簡単な具体例でまとめておきます。
まず商品をツケで仕入れます。
仕入代金を現金で支払うのは1ヵ月後とします。
そしてその商品をツケで売るわけですが、売上金を現金で回収するのは商品を販売してから2ヵ月後とします。
つまり2ヵ月後に現金で支払ってもらう約束でツケで売るわけです。
さらに販売の機会をなるべく少なくするために1か月分の売上に相当する在庫を持つことにします。
そうすると商品を仕入れしてから売上金を現金で回収するまでにはトータルで3ヶ月かかることになります。
つまり
掛売り期間2ヶ月+在庫期間1ヶ月=3ヶ月。
この3ヶ月の意味するところは売上の3か月分の現金が不足するということです。
この売上金でもってつぎの仕入れや社員の給与などを支払わなければならないのですから。

一方で仕入代金は1ヵ月後でよいわけですから、1ヶ月は仕入代金用の現金は不要ということになります。
したがって
・3か月分の現金が不足
・1か月分の現金は不要
なわけですから、トータルでは売上の2か月分の現金が不足することになります。
つまり売上の2か月分の運転資金が必要ということになります。

これらのことを図にまとめると次のようになります。
運転資金の仕組み

-資金繰り, 銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.