資金繰り

ファクタリングという資金調達方法

ファクタリングとは

資金調達、つまり借入の代表的なものは何といっても銀行などの金融機関による融資です。
大半の会社や個人事業主が利用していると言えるでしょう。
しかし赤字が続いているとか、すでに多額の銀行借入金を利用しているなどの理由で銀行などの金融機関からの融資が難しい場合もあります。
そのような状況において利用出来る可能性がある資金調達手段としてファクタリングというものが存在します。
ファクタリングを初めて耳にされる方の中には「大丈夫なのか?」「危なくないのか?」と危惧される方もいらっしゃるかもしれませんが、このファクタリングというのは誰もが知っているような大企業も利用している「資産の流動化」と同じ原理のものであり、決して「危ない」ものではありません。
「資産の流動化」を簡単な例で説明すると企業が保有している資産、例えば土地を売却してその売却代金でもって借入金の返済を行いスリム化を図るというものです。
「流動化」するとはつまり現金化するということですね。
中小企業や個人事業主も大企業のように土地を「流動化」してもまったく構いません。
しかし土地を流動化、例えば売却するとなると相手方の探索したり、その後の価格交渉など時間が相当にかかります。
1年、2年の年単位の計画になることも決して珍しくありません。
中小企業や個人事業主が利用するファクタリングはどちらかというとスリム化を図って効率性を高めるというよりも、短時間で実現可能な資金調達が目的の場合が多いでしょう。
そこで中小企業や個人事業主が利用するファクタリングのターゲットはずばり売掛金です。

次の図をご覧ください
ファクタリング
売掛金は売上の実現と同時に発生します。
小売店のように現金商売であれば売上の発生と同時に現金を回収することが出来ますが、多くの事業では掛売り、つまりツケで物やサービスを提供するスキームが取られています。
ツケで売上が発生するわけですから、売上の発生時には現金でその代金を回収出来ません。
一定期間後、例えば翌月末に代金を支払ってもらうという約束で物やサービスを販売するわけです。
したがって売上が発生後、その回収期日までの間は現金が手元に入ってきません。
期日になって初めて販売先に支払ってもらって現金を手にすることが出来ます。
しかし資金繰りが苦しい場合には期日まで待ってはいられない、期日前に現金がほしいということになります。
ファクタリング
この期日前に現金がほしいというところに登場するのがファクタリングというものです。
では具体的にどのようにするかと言いますと持っている売掛金をファクタイング会社に売却(譲渡)するのです。
ファクタリングのスキームは次の図にようになります。
ファクタリング
まず①のように保有している売掛金をファクタリング会社に売却(譲渡)します。
ファクタリング会社での審査・査定を経て②のように売却代金が支払われます。
その後、売掛金の期日が到来すると③販売先より貴社に売掛金の代金が支払われます。
そして④その代金をファクタリング会社に支払って一連のスキームが終了することになります。

ファクタリングの効果

ファクタリングの効果は何といっても売掛金の早期現金化です。
冒頭にも説明しましたが資金繰りが苦しい場合に銀行などの金融機関からの借入が資金繰りを維持する代表格です。
しかし借入を受けるには1日、2日で融資が実行されることは不可能であり、2,3週間、あるいは1ヶ月ほどの時間がかかることも珍しくありません。
そこまで資金繰りが持つ時間的余裕があれば良いのですが、そうもいかない場合もあるでしょう。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは通常、1,2日程度で資金が手元に入ってきます。
銀行からの借入が難しい、銀行の審査を待つ時間的余裕がないといった場合にファクタリングは強い資金繰りの味方になります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.