資金繰り

運転資金の目安を知る方法

運転資金は事業を行っていくうえで必ず必要となる資金であり、この運転資金がショートするようなことがあれば事業が破綻してしまう危険があります。
そのため運転資金は絶対に欠かすことができない経営の要素です。
どれくらいの運転資金が必要なのか、運転資金の目安を知る方法を説明します。

運転資金とは

運転資金の目安を説明する前に運転資金とは何かを簡単に整理しておきます。
運転資金とは何かを理解しておかないとなぜ運転資金が必要なのか、そして運転資金の目安を知ることができません。
お金の循環
製品を作って販売する製造業を例にして簡単に説明をします。
上の図はお金の循環を示したものです。
手元にあるお金を使って製品を製造するために必要な原材料を仕入れます。
この時点で手元のお金が原材料に姿を変えました。
そしてその原材料を使って製品を製造し、その製品を販売することで代金を回収し、再び手元にお金が戻ってきます。
つまり原材料にお金が姿を変えてから、販売によりお金を回収するまでの間は手元にお金がありません。
しかし手元にお金がない間にも、社員への給与の支払、家賃の支払、税金の支払、次の仕入の支払などさまざまな出費があります。
つまりこれらの出費は手元に販売した代金、つまり売上代金が入ってくるまでの間は何らかの方法で用意をしなければなりません。
この売上代金が入ってくるまでの間、別途立て替えて用意をしなければならない資金こそが運転資金なのです。

運転資金の目安を知る その1

運転資金の目安を知ることが決して複雑ではありません。
運転資金の目安は3つの項目を知ることで実は簡単に知ることができます。
3つの項目の1つ目は売上代金の回収期間です。
物の販売と引き換えて代金を回収する、つまり現金商売の場合には売上の発生と同時に代金を回収することができますが、多くの商売の形態は現金商売ではありません。
販売はするものの、代金は後で回収する、つまり掛売りで行うことが一般的です。
掛売りで販売を行うことで売上代金は後で手元に入ってきます。
売上代金は次の仕入資金や給与支払などに必要な資金ですから、事業の運営に必要不可欠な資金です。
この売上代金が販売してからいつ入ってくるのか、入ってくるまでの期間、つまり売上代金の回収期間を整理しましょう。
例えば今月販売した代金は翌月末に振込で回収するとします。
今月が1月であれば売上代金が手元に入ってくるのは2月末です。
1月1日に販売した代金は2月末に入ってきますから、売上代金の回収期間は2ヶ月です。
1月31日に販売した代金も2月末に入ってきますから、売上代金の回収期間は1ヶ月です。
つまり売上代金の回収期間の平均は1.5ヶ月ということになります。

運転資金の目安を知る その2

運転資金の目安を知る3つの項目の2つ目は在庫です。
通常、事業を行うには一定の在庫を持っておくことが必要です。
在庫とは製品や商品、それに製品を製造するために必要な原材料のことです。
この在庫を持つにもお金が使っていますから、在庫である間が資金が寝ている、立て替えている状態です。
在庫が販売されて初めて手元にお金が入ってきます。
そのため運転資金の目安を知る上ではどれくらいの在庫を持っているのかも知っておく必要があります。
月の売上の何か月分の在庫を持っているのかを把握しましょう。

運転資金の目安を知る その3

製品の製造するには原材料の仕入れが必要です。
また商品の仕入も必要です。
仕入の支払方法は原材料や商品の仕入と同時に代金を支払うこともありますが、さきほどの販売の場合の同様にツケで仕入をすることが一般的です。
ツケで仕入を行うということは仕入の際にはお金が必要ありません。
後で仕入代金を支払うこととなります。
仕入してからどれくらい後に代金を支払うのかを把握しましょう。
考え方は先ほどの売上代金の回収の時と同一です。

運転資金の目安は立替期間からわかる

以上、運転資金の目安を知る3つの項目を整理してきました。
まとめると次の図のとおりとなります。
運転資金の目安
売上代金の回収期間である1.5ヶ月と在庫量の1ヶ月の合計2.5ヶ月は手元にお金がない期間です。
一方で仕入の支払期間、つまり支払猶予の期間は1ヶ月ですから、1ヶ月は手元にお金がなくても仕入ができる期間です。
つまり手元にお金がない期間2.5ヶ月から手元にお金がなくても良い期間1ヶ月を差し引いた1.5ヶ月がトータルで手元にお金がない期間となります。
この1.5ヶ月を立替期間と呼んでいますが、この立替期間は月の売上高を乗じた金額が運転資金の目安です。
この運転資金の目安の資金を銀行融資で借入するなどして運転資金を常に確保しておくことが事業の継続に不可欠なこととなります。
運転資金がショートすればそれは資金繰り破綻、倒産につながってしまいますから運転資金の目安をすることがとても重要なことです。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-資金繰り
-