融資審査マンの見方 銀行の本音 資金繰り

運転資金を当座貸越で利用したい

運転資金の融資は手形貸付や証書貸付の形態となることが多いですが、当座貸越という形態もあります。
当座貸越は運転資金用として非常に利便性が高いのですが、当座貸越はハードルが相当に高いです。

運転資金の特徴

運転資金とは一言で言えば売上代金の回収までの資金繰りのつなぎです。
事業を行うには仕入代金の支払いや人件費や家賃などの経費の支払いなどを行う必要があります。
これらの資金は売上代金で充当するのが自然なのですが、多くの事業では取引を掛売りで行っているため、売上が発生してもすぐにその代金は手元には入ってきませんん。
1ヶ月後とか2ヶ月後など販売先との契約によって後から売上代金を回収することが一般的です。
そのため仕入代金の支払いや人件費などの経費の支払いに売上代金を充てたいと考えても、売上代金が入ってくるのはまだ先です。
運転資金とはこの売上代金が入ってくるまでの間のいろいろな支払のため必要となってくる資金のことです。
したがって、

運転資金は売上代金回収までの資金繰りのつなぎ


なのです。
このように運転資金は売上代金回収までの資金繰りのつなぎですから、売上代金が回収されると運転資金の資金需要は収束します。
ただし事業は継続がされていますから、売上は繰り返し発生します。
仕入代金の支払いや人件費などの経費も繰り返し発生します。
そのため運転資金の資金需要は売上代金回収により一旦収束するものの、再び運転資金の需要が発生し売上代金回収により収束すると言った具合に運転資金重要の発生と収束が繰り返されるといった特徴があります。

当座貸越とは

当座貸越とは一定の限度額までは借りたり返したりを原則自由に行うことができる融資形態です。
当座貸越は大きく2つの形態があり、1つは当座預金を一定の限度額まではマイナスを銀行が許容する形態です。
もう1つの当座貸越の形態は当座預金とは別に当座貸越専用の口座を開設しその口座にて原則として自由に借入したり返済したりできる形態です。
どちらの当座貸越の形態でも原則として限度額までは自由に借入したり返済ができますので利用者としては非常に利便性が高い融資形態です。

当座貸越とは原則として自由に借入したり返済ができる融資形態

運転資金と当座貸越との関係

運転資金はさきほども説明をしましたように資金需要の発生と収束が繰り返されるという特徴があります。
つまり融資が必要となったり必要ではなくなったりを繰り返すということです。
そのため運転資金は当座貸越の融資形態とは非常に相性が良いのです。
運転資金が必要な時に当座貸越により運転資金を調達し、売上代金が回収されればそれで当座貸越を返済すれば良いわけです。

運転資金と当座貸越とは非常に相性が良い

銀行にとり当座貸越は良くない

このように当座貸越は利用者には非常に利便性が高い融資形態ではあるのですが、一方の銀行にとっては当座貸越はなるべく避けたい融資形態です。
銀行が当座貸越を避けたい主な理由はつぎのとおりです。

銀行が当座貸越を避けたい理由

・当座貸越の限度額までは原則として融資に応じなければならない
・いつ当座貸越が利用されるか、いつ返済されるかがわからない

当座貸越の利用は決して無審査ではないのですが、手形貸付や証書貸付のように利用の都度、きちんとした審査は行いません。
そのため業績が悪化して本当は融資をしたくない時でも当座貸越であると簡単に融資に応じる必要が出てきます。
また手形貸付や証書貸付であればいつ融資が発生していつ返済がされるのかがわかりますが、当座貸越についてはそれが利用者次第というところがありますので銀行としては管理が非常に難しい融資形態です。
このような理由から当座貸越は銀行の本音としては避けたい融資形態なのです。

当座貸越は審査ハードルが高い

当座貸越は利用の都度はきちんとして審査はしないと説明をしましたが、当初の当座貸越の設定時にはきちんとした審査を銀行は行っています。
そしてこの当座貸越の当初の審査は手形貸付や証書貸付に比べて審査ハードルが高いです。
なぜなら、当座貸越の特徴としていつ利用されるかわからない、利用時は業績が悪化しているかもしれない、返済がいつ行われるかわからないといったものがありました。
そのような当座貸越の利用を許容する融資先は業績に不安がなく返済能力に懸念がないなど信用度が高い融資先に限定する必要があります。
手形貸付や証書貸付には一般的に毎月といったように決まった返済があります。
そのため返済日に返済がされない、つまり延滞が発生することで融資先の業績の悪化をすぐに銀行は把握することができます。
これに対して当座貸越というのは原則として定例の返済というものがありませんから、業績の悪化に銀行が気づくのに時間が要してしまいます。
このため当座貸越は業績に問題がなく信用度が高い融資先に限定して許容するといった運営を銀行は行っているのです。

当座貸越は業績が順調で信頼度が高い融資先に限定


したがって当座貸越は運転資金には非常に相性が良い融資形態ではあるのですが、その当座貸越が利用できる先は優良先などに限定されるというのが実態です。
そのため多くの融資先は運転資金の資金調達は手形貸付や証書貸付の融資形態で行っています。

運転資金を当座貸越で利用したいのまとめ

以上、運転資金と当座貸越についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・運転資金は売上代金回収までのつなぎ資金であり運転資金の需要は発生したり収束したりと繰り返す
・当座貸越は原則として自由に借入や返済ができる
・そのため運転資金の資金調達は当座貸越が非常に利用者にとっては好都合
・しかし当座貸越は銀行にとってはリスクが高い融資形態
・そのため当座貸越を認めている先は業績が順調といったような優良先に限定して対応
・多くの事業者は運転資金を手形貸付や証書貸付にて調達をしている

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-融資審査マンの見方, 銀行の本音, 資金繰り
-,