個人の借金

借金返済の順番

借金返済の苦しい生活から早く脱出したい。
誰しもが考えることです。
複数の借金を抱えている場合により早く借金生活から脱出できる借金返済の順番について説明をします。

まずは借金明細を確認

借金を早く返済するための借金返済の順番を考えるためにまずは、今の借金明細の確認を行うことからスタートしましょう。
どこからいくら借金をしているのかをまずは整理をするのです。
借金明細の確認がまずは借金返済の順番を考えるにあたって最初にやりたいことです。
借金明細
この図はある人の実際の借金明細です。

どこから借金をしているか

まずどこから借金をしているのかを整理します。
この人の場合には消費者金融A,消費者金融B、消費者金融Cの合計3社から借金をしています。

借金の現在残高を確認

どこから借金をしているかを整理したら、次はそれぞれの借金先からいくら借金が残っているのか、借金の現在残高を確認しましょう。
この人の場合には消費者金融Aは30万円、消費者金融Bは25万円、消費者金融Cは20万円で合計75万円の借金があります。

毎月の返済額を確認

どこからいくら借金をしているのかの整理ができましたら、次はそれぞれ毎月いくら借金返済をしているのかの確認です。
この人の場合には消費者金融Aには1万円、消費者金融Bにも1万円、消費者金融Cにも1万円で合計毎月3万円の借金返済をしています。

金利は考えない

さてここで金利の確認が漏れていると言われる方もいらっしゃると思いますが、借金返済の順番を考えるにあたっては金利は重要ではありません。
もっとも闇金融のように法外な金利の場合は別ですが、およそ消費者金融、カードローン、クレジットカードのリボ払い、キャッシングの金利はおおむね20%前後です。
それぞれの借金先の金利は異なるとは思いますが、それほど差がないはずです。
借金を早く返済するための借金返済の順番を考えるにあたっては実は金利がほとんど重要ではありません。
確かに金利が高いということはそれだけ利息が多くなります。
利息の返済が借金残高の返済ではありませんので、金利が高いところを優先して返済した方が良いではないかという指摘があると思います。
しかし借金を早く返済するための借金返済を考えるにあたっては金利はそれほど重要ではありません。
その理由は以下に順をおって説明をします。

借金返済のコツ

借金の返済額は抱えている借金の件数に比例して増加します。
複数の借金を作ってしまった理由はいろいろとありますが、借金を返済するために新たな借金を作ってしまった理由が実に多いのが現実です。
新たな借金を作ってしまうと今まで以上に借金の返済額が増加します。
そのためにまた新たな借金を作ってしまってさらに借金の件数が増加する。
まさに悪循環です。
したがって借金返済を行うコツはとにかく借金の件数を少なくすることです。
借金の件数を少なくして毎月の返済負担を小さくするのです。
返済負担が重いままであると、いつ何時また新たな借金を作ってしまうかもしれません。
こうなってしまうと借金生活から抜け出すことは永遠にできません。

借金返済の順番

借金返済の順番はまずは借金残高の少ないところを優先的に返済することです。
この人の場合には消費者金融Cの借金残高が20万円ともっとも少額です。
したがってまずは消費者金融Cの返済を優先的に進めることです。
借金残高がもっとも低いところから優先的に返済することが借金返済の順番です。
消費者金融Cが完済となれば、今まで毎月3万円の返済額が毎月2万円の返済額が減少します。
借金の返済負担が軽減されました。
借金の返済負担が軽減されれば新たな借金を作ってしまう危険も減少します。
消費者金融Cの借金をすべて返済すれば次に借金残高が小さい消費者金融Bを優先的に返済することが借金返済の順番です。

このように借金返済の順番は借金残高の少ないところから優先的に行うということです。
金利が高いところを優先的に返済するのは正しい借金返済の順番ではありません。
借金残高が少ないところから優先的に返済を行い、借金件数を減らすことです。
これが正しい借金返済の順番です。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-