個人の借金

30万円借りる時は銀行?それとも消費者金融?

お金を借りる時に思いつくのは銀行と消費者金融が代表的になると思います。
例えば30万円を借りる時に銀行と消費者金融から借りる場合にどちらを選ぶのが良いでしょうか?
今回はこのテーマです。
銀行か消費者金融かを選ぶ場合に選択肢となるが、いつお金が必要かということと金利の高低です。

いつお金が必要か

金利の高低も気になるところですが、まずはいつお金が必要かが優先するはずです。
お金が必要な時期は決まっているはずです。
その時期までにお金を用意しなければなりません。
お金が用意することは出来たけれども、間に合わなかったでは元も子もありません。
お金がすぐに必要な場合には消費者金融を選択すべきでしょう。
審査時間の長短
この図は銀行と消費者金融での審査時間を簡単に比較したものです。
銀行は消費者金融と比べて審査時間が長くなります。
消費者金融の場合には即日に審査がされてかつ即日に借金をすることが出来ますが、銀行の場合には即日に審査されて即日に借金が出来ることはまずありません。
銀行での審査時間は数日、1週間程度はかかります。
したがって急ぎですぐにお金が必要な場合には消費者金融の利用がおすすめです。

金利の高低

金利比較
一方、金利は銀行の方が低いのが一般的です。
したがってすぐにお金が必要ではなく、1か月先ぐらいに必要ということであれば銀行を優先すべきでしょう。
なお審査時間の長短は審査の厳しさの裏返しでもあります。
審査基準は複数ありますが代表的なものは収入の安定度合いや他の借金の返済を含めた返済比率(収入に対する返済の割合)です。
銀行は審査基準が厳しく、一方で消費者金融の場合には銀行に比べて審査基準が緩いと言えます。
金利は銀行や消費者金融にとって貸倒れリスクに対する対価の意味合いがあります。
審査基準が厳しければ貸倒れリスクは相対的に低くなり、審査基準が緩やかであれば貸倒れリスクは相対的に高くなると言えるでしょう。
そのため審査基準が厳しい銀行は審査基準が緩やかな消費者金融に比べて金利が低く設定されているのです。

まとめ

お金は必要な時までに間に合わせなければなりません。
またお金を借りる以上は金利がかかりますから、金利は低い方が決まっています。
したがって賢い借り方をするには早めに銀行に借金の申し込みを行うことです。
ただしお金がすぐ必要な場合には金利が高いとか低いとかを言っている余裕はありません。
その場合には消費者金融を利用しましょう。
金利が高いことが気になるかもしれませんが、金利というのは借金の残高に対して発生します。
したがってこまめに借金の返済を行うことで利息の支払いを節約することは十分に可能です。
うまく付き合えば消費者金融の金利もそれほど気になる水準にはなりません。

-個人の借金
-, , , ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.