銀行融資の基本 融資審査マンの見方

消費者金融から一度でも借りると銀行融資は無理ですか?

昔とか今、消費者金融から借りた、借りている人が少なくありません。
銀行から融資を受けようとしても消費者金融から一度でも借りると審査が通らないのではないかと不安に感じることも多いでしょう。
消費者金融から一度でも借りると銀行から融資が受けられないのかどうかを説明します。

質問

先日、取引銀行に小口零細企業保証の申し込みをしました。
しかし過去に消費者金融から一度借りたことがあります
今は消費者金融からの借入は完済はしています。
このような場合、審査は大丈夫でしょうか?(個人事業主です。)

銀行融資審査マンが抱く消費者金融のイメージ

まずは消費者金融に対する銀行の融資審査担当が抱くイメージを案内します。
消費者金融というのは一般的に高金利の借金です。
借金をするにしても出来れば金利が低い方が良いに決まっています。
それにも関わらず高金利である消費者金融から借りるということはその人の資金繰りが苦しいと客観的には考えられます。
銀行の融資審査担当が抱くイメージはまさにこの客観的な見方と同じです。

消費者金融から一度でも借りるとどうなるか

このようなイメージを銀行の融資審査担当が抱いている中で消費者金融から一度でも借りると銀行からの融資はもう受けられないのでしょうか。

過去に消費者金融から借りていた場合

まず過去に消費者金融から借りていたが、現在は消費者金融からは借りていない場合です。
まず消費者金融からの借入を完済後、5年が経過している場合にはそもそも銀行が審査時に参考にする個人信用情報にはもう記録が残っていません。
消費者金融からの借入は完済後、5年が経過すればもう個人信用情報から利用情報が削除されるのです。
削除されるということは消費者金融から借りていた事実がもう銀行に知られることはないということです。
この場合には消費者金融から一度でも借りたという事実があっても銀行融資が受けられる可能性は十分にあります。

現在も消費者金融から借りている場合

現在も消費者金融から借りている場合ですが、これはケースバイケースです。
例えば消費者金融からの借入が1件のみで、借入額も10万円とか30万円といったように少額である場合には、銀行からの融資に与えるマイナス影響は軽微です。
一方で消費者金融からの借入が数件あって、借入合計額が100万円を超すような状態では銀行から融資を受けることは困難です。
消費者金融から一度でも借りると銀行の融資が絶対に受けられないとは言い切れませんが、可能性が小さくなるのが現実です。
可能な限り消費者金融からの借入を優先的に完済してから銀行に融資を申込むことが近道です。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-