銀行融資の基本

プロパー融資とは わかりやすく説明します

銀行の融資の中には「プロパー融資」と呼ばれるものがあります。
銀行からこのプロパー融資が受けられるということは銀行が信用している証拠の1つでもあります。
プロパー融資とは何か、わかりやすく説明をします。

銀行融資の種類

銀行融資はいろいろな切り口によって多くの種類があります。
例えば会社や個人事業主向けの融資は事業資金融資ですし、純粋な個人向けの融資は個人ローン融資です。
担保がない融資は無担保融資、担保がある融資は有担保融資といった具合です。
このように銀行融資は切り口、見方などによって多くの種類に分類することができます。
今回はプロパー融資とは何か、どういう種類のものなのかをわかりやすく説明します。

プロパー融資の対極は?

プロパー融資とは何かをわかりやすく説明するために、プロパー融資の対極にある融資をまず説明します。
プロパー融資の対極にあるのは信用保証協会保証付融資です。

信用保証協会保証付融資とは

信用保証協会は銀行から融資を受けるにあたってその保証人になってくれる公的機関です。
一般的に中小企業や個人事業主は事業基盤がぜい弱で信用力も高くはありません。
一方で銀行としては融資したお金が必ず返済をしてもらわなければなりません。
もし融資が返済されない、つまり融資の焦げ付きが発生すればそれは銀行の損失となります。
銀行も営利企業ですから何とか損失は避けたいところです。
そうなると信用力が高くはない、つまり融資の返済に懸念がある先には融資を渋ることになります。
こうなってしまうと中小企業や個人事業主はスムーズに銀行から融資が受けられずに資金繰りに窮してしまうことになります。
そこで信用保証協会が登場するのです。
銀行としては公的機関である信用保証協会が融資の保証人になってくれるのであれば、信用力が高くない中小企業や個人事業主にも安心して融資を実行することができます。
このように信用保証協会は融資先の信用力を補完して銀行が融資をしやすくなるようにする役割があるのです。
万が一、融資先が返済できなくなった場合には信用保証協会が代わりに融資の返済をしてくれます。
銀行としては万が一の融資の回収手段が担保されているのです。

プロパー融資とは

そして今回のテーマであるプロパー融資です。
プロパー融資とは信用保証協会の保証を使わない融資の事です。
ということは融資先が返済できなくなっても信用保証協会が代わりに融資の返済をしてくれません。
つまり融資先が返済できなくなった場合にはそれはすべて銀行が被るということです。
このことからプロパー融資は銀行にとっては信用保証協会保証付融資と比べるとはるかにリスクが高い融資だといえます。

プロパー融資は信用力がある先に限定

このようにプロパー融資は銀行にとってリスクが高い融資です。
したがって銀行がプロパー融資を行う先は、融資の返済面に懸念が少ない優良先に限定することになります。
融資を受ける側からすれば、銀行からプロパー融資を受けているということは銀行から優良先だと認められていることになります。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本