当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本

証書貸付のデメリットについて

証書貸付は手形貸付と並んで銀行融資の代表的な形態です。
実際に多くの銀行融資が証書貸付の形態で行われています。
今回は証書貸付のデメリットについて融資担当の銀行員が説明をします。

証書貸付の特徴

最初に証書貸付について整理をします。

証書貸付は手形貸付と並んで代表的な融資形態

冒頭でも説明をしましたが証書貸付は手形貸付と並んで銀行が行っている融資の代表的な形態です。

証書貸付は金銭消費貸借契約書を銀行に差し入れる

手形貸付の融資は銀行に約束手形を差し入れて受ける融資です。
証書貸付の場合には金銭消費貸借契約書を差し入れて受ける融資です。
手形貸付の約束手形、証書貸付の金銭消費貸借契約書はどちらも銀行の債権書類としての位置づけです。
債権書類、つまり融資を証明するものとして証書貸付の場合には金銭消費貸借契約書となります。

証書貸付は長期融資によく用いられる

銀行の融資はその融資期間により短期融資と長期融資に分類をすることができます。
融資期間が1年以下のものが短期融資、融資期間が1年超のものが長期融資となります。
そして証書貸付は長期融資によく用いられます。

証書貸付は長期融資に便利

長期融資の場合にはその後の返済は毎月の分割返済となることが大半です。
毎月いくら返済するのかなど融資契約の取り決め事項が多いのが長期融資となります。
このため融資を証明する書類となる債権書類上に記載する事項が多くなる傾向があります。
この点、証書貸付と債権書類となる金銭消費貸借契約書はA3タイプやB4タイプであり、物理的に書面が広いです。
つまり金銭消費貸借契約書には多彩な融資事項を記載するスペースがあります。
このため長期融資には証書貸付が利用されるケースが多いのです。

証書貸付の資金使途はさまざま

手形貸付は運転資金の資金使途に用いられることが多いです。
手形貸付は短期融資に用いられることが多いですが、運転資金は短期間の資金需要ですから手形貸付は運転資金の融資に合致するのです。
一方の証書貸付の資金使途はさまざまです。
手形貸付と同様に運転資金の融資にも用いられますし、設備資金の融資にも用いられます。

証書貸付のデメリット

さて本題です。
証書貸付のデメリットについてです。

証書貸付のデメリットはない

結論ですが、証書貸付には特段のデメリットがありません。
むしろ後述するあるメリットの方が借り手側にはあります。
あえて証書貸付のデメリットを指摘するとすれば、それは印紙税は手形貸付の比べて高いということです。
例えば融資金額が5,000万円の場合で比較します。
5,000万円の融資を手形貸付で受ける場合の印紙税は1万円です。
これに対して5,000万円の融資を証書貸付で受ける場合の印紙税は2万円です。

証書貸付のデメリットは印紙税が手形貸付と比べて高いくらい

証書貸付のメリット

デメリットではなく証書貸付のメリットについて説明をします。
証書貸付には借り手側にすごいメリットがあります。

証書貸付のメリットは期限の利益

証書貸付のメリットは何と言っても借り手側の期限の利益です。

期限の利益とは

証書貸付の最大のメリットである期限の利益とは、融資の期限までは融資を受けることができるという借り手側の権利です。
例えば証書貸付の融資を融資期間10年で受けたとします。
この場合、借り手側は毎月の分割返済を行っていく必要はありますが、最終期限の10年間は融資を借り続けることができます。
途中で銀行から融資の繰上返済を求められることは原則としてありません。
毎月の分割返済をきちんと行っていれば、融資の最終期限までは融資を借り続けることができます。
この融資の最終期限まで融資を借り続けることができることは期限の利益です。

期限の利益とは融資期限までは融資を借り続けることができる借り手側の権利

銀行は途中で返済を求めることができない

融資をしている銀行からすれば融資回収の観点からは早く返済してほしいということになります。
しかし早く返済してほしいという銀行の希望の壁になるのが期限の利益です。
当初の融資契約どおりに借り手側がきちんと分割返済を続けている状況では、銀行は早く返してくれと請求をすることはできません。
なぜなら借り手側には期限の利益があるからです。

証書貸付は長い期限の利益がある

証書貸付はさきほども説明をしましたように長期融資に用いられます。
そのため証書貸付は借り手側の期限の利益が長いのです。
短期融資の手形貸付の場合には長くても期限の利益は1年です。
長期融資の証書貸付は期限の利益が1年超あります。
融資期間が10年であれば証書貸付の期限の利益は10年です。
10年間は銀行から途中で早く返せと言われることはありません。

証書貸付のデメリットについてのまとめ

以上、証書貸付のデメリットについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・証書貸付のデメリットはない
・あえて証書貸付のデメリットがあるとすれば手形貸付と比べて印紙税が高いこと
・証書貸付には長い期限の利益というデメリットをはるかに上回るメリットがある

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本
-