銀行融資の基本 信用保証協会融資

自営業者が銀行から借りられますか?

銀行は大きな会社には融資をするが個人商店のように個人の自営業者には融資はしないということを聞いたことがあります。
自営業者には銀行は融資をしないのかどうかを含めて事実を説明します。

自営業者に銀行は融資をします

銀行は融資先の規模によって融資の制限を行ったりはしていません。
誰もが知っているような超大企業から一人で事業を行っている個人事業主、つまり自営業者にも銀行は融資を行っています。
銀行は大企業には融資をするが自営業者には融資をしないという情報は事実ではありません。

融資金額は差がある

もちろん融資金額には差があります。
大企業は規模も大きいですから必要とする資金量も大きくなります。
これに比べて自営業者は規模が小さいですから必要とする資金量も小さくなります。
銀行の融資額は必要とする資金量に応じて変動しますから、当然ながら自営業者は大企業に比べて銀行から受けられる融資金額は小さくなります。

自営業者向け融資の特徴

銀行は商売として融資を行っています。
銀行としては融資は必ず最後まで返済してもらわなければなりません。
万が一、融資の返済が受けられない、融資に焦げ付きが発生した場合にはそれは銀行の損失となります。
それは銀行としては最も避けたいところです。

信用力に差がある

融資の焦げ付きを避けるために銀行は審査を行っているわけですが、融資が返済出来るかどうかの銀行の審査は融資先の信用力の審査に置き換えることができます。
信用力が高ければ融資が返済できる可能性も高く、逆に信用力が弱ければ融資が返済出来る可能性が少ないと考えることができます。
この点において自営業者は一般的にはどうしても大企業に比べて信用力が弱いと考えられます。
そのため銀行は自営業者に融資を検討する際には万が一の時にもきちんと融資が回収できる見込みがあるかどうかを非常に気にしています。
この一般的に信用力が弱いと考えらえる自営業者が銀行からスムーズに融資が受けられるようにしている仕組みがあります。
それが信用保証協会の保証制度です。

自営業者は信用保証協会保証付融資

信用保証協会というのは自営業者が銀行から融資を受ける際に保証人になってくれる公的機関です。
銀行とすれば公的機関である信用保証協会が保証人になってくれれば、信用力が弱い自営業者にも安心して融資を実行することができます。
そのため現実的には自営業者向けの銀行融資のほとんどは信用保証協会の保証制度を利用した融資の形態となっています。
この信用保証協会の保証制度を利用して銀行は自営業者にも融資を実行しているのです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-