銀行融資の基本

担保があれば融資はしてもらえますか?

銀行にとって担保というのは万が一の時の融資資金の回収手段となります。
そのため担保が十分にあれば銀行は貸倒に会うことなく確かに融資資金が全額回収出来るでしょう。
しかし原則として銀行は「担保があるから」という理由で融資に応じるわけではないのです。
事業から生み出される収益によって返済が可能と判断されて初めて融資に応じるというのが銀行の基本的な融資スタンスです。
まず最初にこのことをご認識ください。

この会社は融資が返済出来ますか?

製造業のある中小企業の損益計算書をご覧ください。

この損益計算書は実際に融資の相談のあった会社のものです。
最近3期分の状況です。
ご覧のように3期とも残念ながら赤字ですね。
それも営業利益の段階から赤字です。
営業利益というのは売上から仕入や製造などの原価を差し引いて、さらに社員への給与に代表される会社の運営に必要不可欠な経費を差し引いた残りの利益状況です。
まさにこの会社の事業活動そのものによる活動の成果です。
この営業利益が赤字ということは会社の事業の根本から赤字ということなのです。
年々売上高が低下していることも気になります。
言葉は悪いですが「ジリ貧」の典型例です。
赤字が続いていれば当然に資金繰りがきつくなっていることが容易に想像出来ます。
赤字が続いている、資金繰りがきつくなっている・・・
借入金の返済が厳しい、厳しくなっていることも容易に想像出来る状態です。
銀行の融資審査の順番は次のとおりです。
担保があくまでも二次的な融資判断要素であり、まずは「自力で返済出来るかどうか」が入り口なのです。

既に借入がある取引銀行に相談してください

ただし融資が受けられずに資金繰りに行き詰まればその時点で倒産をしてしまいます。
何とか銀行から借入を受けて資金繰りをつなぎたいところですね。
このような場合にはまったく取引のない銀行や信用金庫などの金融機関に相談しても融資が受けられる可能性はほとんどないと言えます。
取引のない金融機関からすると「あえて火中の栗を拾いたくない」という判断になってしまうのです。

ここがポイント

ではどうすれば良いかと申しますと現在借入のある取引銀行などに相談されるのがベストです。
その中でもいわゆるメイン銀行が良いと思います。
メイン銀行は融資先の資金繰りを支援する一定の役割を担っていますし、メイン銀行以外の取引銀行にしても「今、倒れられたら現在の融資が貸倒れになってしまう」という判断が働きますから、何とか融資をして事業を継続してもらえないかという思いがあるのです。
ましてや担保があれば少なくとも今回の融資の万が一の場合の回収は約束されますから、銀行としても検討の余地があるのです。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.