融資審査マンの見方

黒字にするために減価償却を見送った

減価償却の見送りは銀行融資審査には意味がない

「減価償却を行うと赤字決算になるので、今期は減価償却を見送った」。
しばしば中小企業の社長さんから聞く言葉です。
赤字決算となるとやはり見栄えも悪いので、減価償却を見送り黒字決算とする気持ちは十分にわかります。
しかし銀行の融資審査においてはあまり意味がありません。
「減価償却を行うと赤字になるので見送ったんだな」と銀行員はすぐに気づきます。
減価償却を見送ると償却不足になりますがむしろ銀行融資の審査においては償却不足の存在の方が赤字決算よりも悪い印象を与えます。

実態の決算内容で審査

銀行の融資審査の基本は決算書の数字です。
それも表面的な数字ではなく、「実態の」数字です。
減価償却を計上しなければ、それだけ決算書の表面上の利益は増加します。
ただ本来は減価償却をすれば、減価償却を計上した分、利益は減少するはずです。
その減少した利益が実態の数字です。
減価償却をすれば実態は赤字となる場合もしばしばあります。
減価償却費をきちんと計上した場合、決算書の数字はどう変わるのか。
それを銀行の融資審査においては見ています。
つまり決算書の表面上の利益ではなく、減価償却を行った場合の利益にて融資審査を行っています。
本来計上すべき減価償却費の計上を見送るということは厳しい言い方をすれば決算の粉飾です。
表面的に黒字にしても銀行融資の審査においては意味がないのです。

次の図をご覧ください。

ある中小企業の損益計算書です。
この損益計算書をパッと黒字ですねということになります。
しかしその黒字の水準は45千円と非常に小さい金額です。
よくある事例なのですが、本当は赤字であるにも関わらず銀行に赤字の決算書は提出出来ないので黒字に決算を調整したということがあります。
そして黒字に調整した決算書の利益の水準はこの例にように数万円、数十万円と非常に小さい金額のケースがとても多いです。
もちろん本当にそうであったということもあるでしょうが、多くの場合はそうではなく赤字を黒字に調整した結果のケースが多いのです。
そしてこの損益計算書で注目すべきところは減価償却費がゼロということです。
この会社は建物や機械など減価償却をすべき固定資産を有しています。
実際、この損益計算書よりも以前の決算ではきちんと減価償却費を計上していました。
要するに図の損益計算書では減価償却費を計上すると赤字に転落してしまうので、計上しなかったというのが正解だと思います。
そして銀行員はそのように理解をします。
つまり実態は赤字だということです。

赤字を覆い隠す必要はありません

赤字であれば赤字で良いのです。
減価償却費の計上を見送って黒字決算にしても銀行員はわかっているのです。

ココに注意

表面的に決算を黒字にするより大切なことは今後、どのように業績を回復させていくのか、その具体策を銀行員は知りたいと考えています。
赤字だから銀行は融資をしないという短絡的な判断はしていません。
赤字であっても今後の回復が期待出来るのであれば、それまでの資金繰り支援を行うケースは過去から数えきれいないほどあります。

-融資審査マンの見方
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.