融資審査マンの見方

赤字決算でも銀行が融資を行う理由

返済出来るかどうかが審査の最大ポイント

銀行の融資審査の最大のポイントは融資した資金がきちんと返済出来るかどうかというところです。
このポイントに照らすと赤字決算は返済出来る可能性が乏しいことを表していますから銀行の融資審査は厳しく慎重に行われることになるのです。
ただ赤字決算で資金不足のままであると、その会社は資金繰りが行き詰まり最悪倒産に至ってしまいます。
ですから融資を受ける会社側としてはなんとしても銀行融資を受けたいところです。

赤字決算の場合の銀行員の思考


上の図は赤字決算に遭遇した際の銀行員の端的な思考です。
融資は返済していただかないといけませんから、さきほども説明したように返済出来るかどうかが銀行融資審査の最大のポイントです。
ですから融資の検討に臨む銀行員が赤字決算に遭遇した際には、すぐに上の図の思考回路となるのです。
しかし赤字決算でも銀行が融資に応じるケースは数えきれない例があります。
銀行が赤字決算でも融資を検討するケースとして主に次の3つがあります。

以下の順を追って説明します。

業績が回復する見込みがある

足元は赤字であるものの、今後業績が回復する具体的な見込みがあれば銀行としても融資が出来る余地が出てきます。
業績が回復するということは融資が返せる力も回復してくると考えられるからです。
そのためにはとにかく業績が回復する具体的な材料がほしいところです。
ただ「頑張る」では銀行の納得は得られません。
例えば「工事の受注件数が回復してきている」「新たな新規先との取引が決まった」「余分は不動産を売却し借入金を削減してスリム化する」「赤字店舗を閉店しこれ以上の出血を止める」などです。売上の増加につながる材料はもちろんとして、コスト削減による利益率の改善も含まれます。

保全が確保出来る

保全とはつまり担保のことです。
担保が取れるのであれば銀行としては将来、融資した資金が返済されない場合にはその担保を処分することで回収が可能ですから、融資が検討しやすくなります。
もっとも担保があれば必ず銀行が融資をするのかと言えばそうでもありません。
業績の回復が見込めないのであれば担保を取って融資をしても、一時的な延命措置にしかならない時もあります。
そのような場合にはどれだけ担保があっても融資はもうしないという銀行の判断はあり得ます。
さきほども業績の回復見込みが絡んできます。

長い取引で潰せない

銀行というところは社会の評価をとても気にするところです。
融資をストップしてその会社が倒産した場合、「あの銀行が融資をストップしたから倒産した」と世間から言われることをとても嫌がる特徴があります。
したがって融資をもうしないという判断は銀行の本音としては避けたいのです。
特に融資先との取引が長いとか、メイン銀行としての立場にある場合にはなおさらです。
ですからそこに付け込んでというのは適切な表現ではありませんが、取引がない銀行とかメイン銀行に融資の相談をされると融資が受けやすくなるのは事実です。
取引歴が短く借入金もそれほど多くない取引銀行に相談に行ってもあまり良い返事は期待できません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.