銀行融資の基本

運転資金をしっかりと把握しましょう

運転資金をきちんと説明できますか?

銀行が行っている融資の中で資金使途別に見た場合、もっとも多いのが運転資金です。
運転資金は事業を回していくにあたって必ず必要な資金です。
この資金に不足すると事業を継続することが難しくなってしまい倒産が現実的になってしまいます。
そうならないように運転資金の融資を銀行から利用する機会も多いと思います。
銀行では当然ながら融資の申し込みを受けると審査を行っていますが、なぜ運転資金が必要なのかを銀行員は分析しているとともに不明なところがあれば銀行から質問を受けます。
その質問にきちんと答えることが融資可否の一つの分岐点となります。
銀行からの質問に答えるには運転資金というものがわかっていなくてはなりません。
わかっているようで実は曖昧なのが運転資金だと思います。
今回はその運転資金がどういうものなのかをしっかりと把握しましょう。

運転資金発生のメカニズム

次の図をご覧ください。

物を作って販売する製造業の例を考えてみます。
物、つまり製品を製造するためにはまず原材料を購入しなければなりません。
原材料を購入するには当然ながらお金が必要です。
ここでは手元にあるお金を原材料の購入費用に充てるとします。
購入した原材料を使って製品を製造します。
製造された製品は在庫として備蓄されます。
そしてその製品が販売されると売上が発生します。
小売業のように現金商売の場合は売上の発生と同時にその代金を現金で回収出来ますが、多くの事業の場合は掛売り、つまりツケで物やサービスを販売しています。
したがって売上の発生と同時に代金が現金で回収されることはなく、例えば翌月末のように一定期間後になってようやく販売先から代金を現金で回収することが出来ます。
ちなみに売上発生から現金回収までの間は売掛金として管理することになります。
つまり最初に原材料の購入に投下されたお金は次のようにいろいろな形に姿を変えながら、ようやく元のお金に戻ってきます。

このように手元にあったお金は再び手元に戻ってくるまで一定の時間を要し、その間はお金が手元にない状態が続きます。
しかしもともと手元にあったお金は決してなくなっても良いものではなく、次なる原材料の仕入れや社員への給与に代表される経費の支払いなど使い道はたくさんあるお金です。
つまりなくてはならない必要なお金のはずです。
それが先ほどの図のように一定期間は原材料や製品、売掛金の姿になっている間は手元にお金がない状態です。
手元にお金がなければ次なる原材料の仕入れや社員への給与支払いなどはお金が戻ってくるまで出来ないことになります。
それでは困りますよね。
これこそが運転資金なのです。つまり原材料や製品、売掛金に姿を変えているお金が運転資金なのです。

すぐには払う必要もないお金もある

一方ですぐには支払わなくてもよいお金があります。
それは売掛金の反対である買掛金です。
さきほど原材料の購入に手元のお金を充てると説明しました。
売掛金がツケで物やサービスを販売することであるのに対して、逆に原材料の購入はツケで買うということがあるでしょう。
つまり原材料の購入した時点ではお金を支払う必要はなく、例えば翌月末のように一定に期日になればお金を払うことになります。
ツケで物やサービスを購入したものを買掛金と呼んでいますが、この買掛金である間は手元のお金は出ていきません。
つまりお金がすぐには必要ではないのです。

必要となる運転資金の整理

それでは整理します。
原材料や製品、売掛金はもともとのお金が姿を変えたものでありこれはすべて、次なる仕入れや給与の支払いなどに必要なお金でした。
一方で買掛金は今後支払う必要はあるものの、支払期日までは支払う必要のないお金でした。
この関係を図式にすると次のようになります。

図の左側にある原材料、製品及び売掛金は必要なお金です。
つまり必要な運転資金です。
一方で右側にある買掛金はすぐには支払う必要のないお金です。
したがって原材料、製品及び売掛金に投下されているお金から買掛金の金額を差し引いたものがその時点における必要な運転資金の水準ということになります。
例えば次の図をご覧ください。

これはある製造業の貸借対照表です。
貸借対照表から必要な運転資金の金額を計算することが出来ます。
その説明に入る前にさきほどにはなかった項目が少し上記の図にはありますので、まずそれを説明します。
受取手形というのは物やサービスを販売した時に代金を手形で受け取ったものです。
手形ですから支払期日が定められていますからその支払期日が到来するまでは手形は現金化しません。
支払期日が到来して初めて手形がお金になります。
売掛金と同じ性質のものと考えてください。
仕掛品というのは原材料を使って製品にするまでの間の中間品のようなものです。
これが完成すると製品になります。
支払手形というのは物やサービスを購入した際に手形で支払ったものです。
やはり手形ですから支払期日が定められていますから支払期日が到来して初めてお金を支払えばよいのです。
買掛金と同じ性質のものです。

では必要な運転資金の金額を計算しましょう。
計算は簡単です。
原材料99,114千円+仕掛品56,391千円+製品81,112千円+売掛金264,552千円=501,169千円
この501,169千円から買掛金162,845千円を差し引いた338,324千円が必要な運転資金の金額となります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.