銀行融資の基本 信用保証協会融資

ラーメン屋の開業資金

ラーメン屋を開業する方が少なくありません。
ラーメン屋の開業資金について申し込み方法のポイントについて説明をします。

ラーメン屋の開業資金に関する質問

ラーメン店のフランチャイズ店の本店が利用している金融機関に開業資金融資の相談をする予定なのですが、(市の融資で保証協会保証付き)審査の際、本店の営業内容(収支状況)は審査の際、有利に働くということはあるのでしょうか。
また、開業資金の融資相談の際、自己資金が全くないのですが、運転資金を含めた融資相談はマイナス的な要素になるのでしょうか。

ラーメン屋の開業資金の内訳

ラーメン屋の開業資金でもっとも資金が必要となる部分はやはり店舗に関する設備資金でしょう。
ラーメン屋の店舗の内装工事や厨房施設に準備が資金がかかるはずです。
このような店舗の内装工事費用や厨房施設の準備に要する資金は開業資金の対象に含まれます。

運転資金も開業資金の対象

基本的にラーメン屋というのは現金商売ですから運転資金の必要性がありません。
そのため銀行は原則としてラーメン屋に対する運転資金の融資には否定的です。
しかし今回のように開業の場合は例外です。
ラーメン屋の開業にあたっては従業員の確保や広告費用など先立つ費用が必要になってくるでしょう。
これらの資金需要に対応するためにラーメン屋の開業資金においては運転資金も開業資金の対象になります。

フランチャイズ本店の業績

原則としてフランチャイズ本店の業績は開業資金の融資審査には影響はありません。
フランチャイズ本店の風評が悪い場合、例えば倒産するのではないかなどの悪い風評がある場合には開業資金の融資審査に影響があります。
しかしそのような風評がなければ基本的にフランチャイズ本店の業績は開業資金の融資審査には影響しません。

自己資金がゼロについて

自己資金がゼロであっても開業資金の融資申し込みはできます。
現実に自己資金がゼロでも開業資金の融資の採り上げ実績はあります。
ただ注意をしなければいけないのは自己資金がゼロであるとそれだけ開業資金融資の必要額が増加します。
当たり前ですが開業資金融資は借入金です。
借入金ですから返済をしなければなりません。
開業資金の融資額が多ければ多いほどそれだけその後の返済負担は重くなります。

開店後に備えてやはり自己資金はほしい

開業にあたっては意気込みが高い事業計画を策定すると思います。
しかし事業計画通りに売上が確保できないことも十分に考えておく必要があります。
そして開業資金は最初だけであり、その後さらに開業資金の融資を受けることはできません。
売上が事業計画どおりに行かなければ、その後の資金繰りは手元資金にて対応しなければなりません。
そのために自己資金は手元に持っておきたいところです。
開業資金の融資の申し込みに自己資金が必要ではなく、将来に備えて自己資金はやはり一定金額は確保しておきたいところです。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-,