融資審査マンの見方 銀行融資の基本

足元の業況確認資料が必要

銀行融資の審査資料で大きなウエイトを占めるのは決算書です。
銀行員は決算書を分析することによって融資先の返済能力など審査の中心部分となるところを行っています。
したがって会社が設立された直後などまだ決算期を一度も迎えていないケースを除いては、決算書がなければ審査は一歩も前には進みません。
それだけ決算書は融資の審査においてなくてはならない存在です。
ただし決算書には一点難点があります。
それは決算書に記載されている融資先の業績はあくまでも過去の状態だということです。
将来の予測ではなく、もうすでに済んでしまった過去の実績です。
一方で融資は過去に遡って行われるものではなく、あくまでも将来に必要な資金を支援するものです。
この時間がギャップが融資審査の特徴です。

決算書は過去の実績

次のある中小企業の決算書の1つである損益計算書をご覧ください。
損益計算書
ごく普通の損益計算書ですが、まずは決算期をご覧ください。
最近3期分の損益計算書になっていまして、2017年5月期、2018年5月期、2019年5月期の3期分です。
2017年5月期というのは2016年6月から2017年5月までの実績、2018年5月期は2017年6月から2018年5月までの実績、2019年5月期は2018年6月から2019年5月までの実績です。
そして現在は仮に2020年6月だとしますと、2017年5月期はおよそ3年前、2018年5月期は2年前、2019年5月期は1年前のそれぞれ実績です。
通常、決算の確定申告は決算月の2か月後に行われますから2020年5月期の決算は7月に確定申告がされる予定です。
そのため現在の2020年6月時点ではまだ確定申告が行われていませんから、2020年6月時点の最新の確定決算申告は2019年5月期のものとなります。

足元の業績を知りたい

さて現在の2020年6月時点において融資の相談を受けた場合、銀行としては2019年5月期以降の業績はどうなのかを当然知りたいところです。
2020年5月期の決算数字の見込みについてもぜひ知りたいところです。
さきほどと同じ損益計算書ですが、オレンジ色に色付けされている部分に注目してください。
損益計算書
2017年5月期から2019年5月期までの損益計算書を見ると年々売上高が減少しています。
また赤字ではないにしてもその会社の真の実力を示していると言われる経常利益も年々減少し、2019年5月期はわずか48千円まで落ち込んでいます。
もう赤字になるすれすれの水準だと考えられます。
このペースでいくと2020年5月期はさらに売上高が落ち込んで、赤字転落になる可能性が十分に予想されます。
銀行としてはぜひとも足元の業績がどうなっているのか知りたいところです。

試算表の準備をしましょう

一概には言えませんが、決算月から半年が経過した時点以降に銀行に融資の申し込みを行う際には足元の業績が確認出来る資料としてぜひ試算表を準備しましょう。
試算表は決算期以降の足元の業績を示す代表的な資料であり銀行から必ずと言ってよいほど提出を求められる資料です。
さきほどの損益計算書の例でいえば、年々低下している業績が歯止めがかかっているのか、あるいはさらに悪化しているのかを銀行は試算表にて確認を行うのです。
決算期以降もさらに悪化しているため試算表を提出したくないという気持ちになるかもしれませんが、そうだとすると銀行は融資判断が非常に難しくなりますから融資が出ないという可能性も十分にあります。
逆に悪化しているものの試算表を銀行に提出した場合、もちろん融資が出ないという可能性もありますが、事業継続のために資金繰りを維持するための必要最低限の融資に応じる可能性もあるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方, 銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.