資金繰り

貸付はやってはいけません

資金繰り改善のヒントはここにあるでは貸借対照表の資産項目に資金繰りを改善するヒントがあることをご案内しました。
今回のその1つである貸付金について触れたいと思います。
実は今回の貸付金は資金繰りを圧迫する諸悪の根源とも言える項目です。
貸付金は資金繰りを悪化させる原因となるばかりではなく、銀行などの金融機関から融資を受ける際にも障害となるものです。

なぜ貸付金はダメなのか

まずは次の図をご覧ください。
ある中小企業の貸借対照表です。
貸借対照表
図の左半分の資産項目とそれぞれの金額をご覧ください。
目に留まりますよね。
貸借対照表
そうです。
貸付金ですね。
短期貸付金が35,000千円、長期貸付金が26,000千円、合計61,000千円です。
この貸借対照表の資産項目の合計額は100,295千円となっていますが、実にそのうちのおよそ6割を貸付金が占めています。
貸借対照表の資産項目はお金の使い先を示していますから、貸付金に61,000千円のお金を使っていることになります。
現預金の金額が9,587千円ですから貸付金に使っている金額の水準は相当高いと言えますよね。
この貸付金がすぐに戻ってくれば良いのですが、果たしてどうでしょうか。
よくある事例として貸付金の行き先はその会社の代表者宛であったり、販売先や仕入先から頼まれて貸し付けたもの、会社代表者の友人から頼まれたものなど総じて内容が微妙なものが多いのです。
販売先や仕入先への貸付は本来であれば販売先などが自力で銀行などから借入すれば良いのですが、借入することが出来ずに支援を求めてきたというケースも少なくありません。
会社代表者の友人宛のものもよく似たものです。
会社の代表者宛の貸付金に至っては本来は代表者個人の資金を利用すれば良いものの、実質は会社の資金を流用しているとも言えます。
中には表に出来ない経費を代表者宛の貸付金として処理していることもあります。

ココに注意

このように貸付金はなかなか手元に戻ってこない、そもそも戻ってくる可能性すら低い性質のものが多く、実質は回収倒れになる可能性が大です。
今回のケースとしては最大で61,000千円ものこの会社にとっては多額の資金が貸付金という返ってこない可能性があるところに使われてしまっているのです。
間違いなく資金繰りを悪化させます。

貸付金さえなければ・・・

この61,000千円が貸付金として利用されていなければこの会社の現預金は単純ですが9,587千円ではなく70,587千円が手元にある理屈になります。
これだけの資金が手元にあればいろいろな支払資金に悩むことなく資金繰りを回せるのではないでしょうか。
さらにこの会社には短期借入金が25,000千円、長期借入金が42,150千円、合計67,150千円あります。

おそらく貸付金61,000千円がなければこの会社は銀行などから借入金を受けなくても良かったと思います。
貸付金をするために銀行などから借入をしたとも言えます。
借入金ですから返済しなければなりませんし、利息負担もあります。
さらに資金繰りを圧迫することになります。

このように貸付金が資金繰り上、諸悪の根源となることが多く本来必要のない借入を受ける必要性も出てきます。 貸付を行う際にはその回収可能性にも十分に気を付けて、とにかく慎重に対応してください。

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.