融資審査マンの見方

実際の損益で審査

「赤字にすると銀行から借入が出来なくなる」「少しでも黒字にしておかないと」といったことをよく耳にします。
たしかに銀行融資の現場にいる身からすると赤字企業に対して積極的な融資はしにくくなるのは事実です。
そのためさきほどの「赤字にすると銀行から借入が出来なくなる」「少しでも黒字にしておかないと」といったことになるのかもしれません。
しかし本当は赤字なのにいろいろと調整をして最終的に黒字にしてもそれは銀行に対して意味はありません。

本当に黒字なのか

次の図をご覧ください。
損益計算書
これはある中小企業の損益計算書です。
損益計算書の一番下の当期純利益をみるとプラスの1,058千円となっています。
最終的には黒字決算になったと言えるのかもしれません。
しかし銀行員はこの損益計算書を見て黒字だと考えません。
むしろ実態は赤字だと考えます。

実際の損益を把握

当期純利益がきちんと黒字であるにも関わらず、さきほどの損益計算書を見て銀行員は実際は赤字決算だと考えます。
次の図をご覧ください。
さきほどの損益計算書で銀行員が着目する点を色付けしてあります。
損益計算書
結論から申し上げてこの損益計算書では固定資産を売却して利益を捻出し最終的に黒字にしたとみなすことが出来ます。
損益計算書を見て銀行員は営業利益や経常利益が赤字であることに着目します。
営業利益は事業活動そのものからどれだけ利益が上がったのかを示す指標であり、まさに本業の収益状況を表しています。
また経常利益は営業利益に預金の利息や借入金の利息の支払いなど事業活動をするにあたって欠かせない収入や支出を加味したものです。
したがって営業利益や経常利益こそがこの会社の通常の実力を示す位置づけになるのです。
ところが残念ながら営業利益や経常利益が赤字のため、固定資産を売却することによって利益を捻出し、最終の当期純利益では黒字になるよう帳尻を合わせたのです。
これが銀行員の見方です。

一過性の損益は省く

固定資産を売却することは毎期毎期コンスタントにあるわけではありません。
毎期コンスタントに発生することのない損益をその会社の真の実力に加えるわけにはいきません。
毎期毎期コンスタントには発生しない損益、つまり一過性の損益はないものとして銀行員はその会社の収益体質を把握するのです。

ココがポイント

このように固定資産、例えば不動産の売却によって利益を捻出し最終利益を黒字にしても銀行には通用しません。
黒字の会社ではなく本当は赤字の会社だと銀行員は考えるのです。
したがって言葉は良くないですがこのような小手先で損益計算書の見栄えを良くするよりも、今後のどのように収益体質を改善していくのか、そのことを銀行に説明した方がベターです。

-融資審査マンの見方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.