資金繰り 銀行融資の基本

融資は期間を長めに借りましょう

サイト管理者である私はある銀行の融資担当者ですが、借入の期間を短めにされようとする会社や個人事業主の方が少なくないことに正直疑問を感じています。
借入期間が短い方が金利が低いとか借入金は一日でも早く返済したいという考え方から来ているのだろうと想像しています。
確かにこのような気持ちはわかります。
私でも金利は低い方が良いですし、なるべく早く借入金は返してしまいたいと思います。
しかし資金繰りの安定という側面から見ると借入期間がなるべく長い方が良いのです。

返済額を見てみましょう

次の図をご覧ください。
借入返済額
これは30,000千円の借入を借入期間2年と5年の場合のそれぞれの年間返済額(元金部分)を示したものです。
簡単な算数の世界ですが2年だと年間返済額は15,00千円、5年だと6,000千円ですね。
さて資金繰りに優しいのは当然、借入期間5年ですね。
一方で早く借入を返済したいということであれば借入期間2年ですね。
ところで借入後に業績が低下した、販売先から支払いを少し待ってくれと言われた等で資金繰り状況が悪化したらどうなるでしょうか。
借入当初は年間15,000千円、1カ月あたり1,250千円毎の返済に負担感はなかったとしても、資金繰り状況が悪化してくるとひょっとすると1か月あたり1,250千円の返済が重くなってくるかもしれません。
仮に借入期間を5年としていたら年間返済額は6,000千円、1カ月あたりは500千円。
この水準であれば資金繰り状況が悪化してもそれほど負担感は感じなかったかもしれません。
借入期間2年、年間返済額15,000千円の返済が苦しくなり、追加で借入をしないと資金繰りが回らなくなる事態に陥るかもしれません。
そうなると結果的に借入期間5年で返済していた方が早く返済が進むことになるかもしれません。

返済負担を少なくしておくのがベター

借入金は返済するために行うものではありません。
資金繰りを無難に回すために利用するものです。
そのためには返済額を少なくすることがポイントです。
返済額を少なくするには借入期間を長くすることです。
確かに借入期間を長くするとトータルの支払利息は多くなるかもしれません。
しかし短い期間で借入をしておいて、上記のように途中で資金繰りが悪化するような事態になり追加で借入が必要となれば結果的にこちらのパターンの方が支払利息が多くなってしまう可能性があります。

銀行から短期間の融資しか出来ないと言われればやむをえませんが、そうでなければ借入金は長めの期間で受けるべきだと思います。 途中で手元資金が余るようなことであれば繰上返済をすれば良いのです。 借入金は長めに借入をし返済負担を少なくしておき、資金が余れば繰上返済をすることがおすすめです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-資金繰り, 銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.