資金繰り

どうして資金が不足するの?

事業を行う、続けるためには何はさておき資金、つまりお金がないと始まりません。
どれだけ儲かっていても資金が底をついてしまえば、その時点で倒産です。
黒字倒産という言葉を耳にされたことがあると思いますが、儲かっていても資金が不足して破綻してしまうこともあるのです。
ですから資金繰りの管理は事業遂行の最重要テーマです。
初めて事業をスタートする、つまり起業時には用意をした手元資金があったはずですが、いつのまにか資金がなくなっていきます。
どうしてでしょうか?
資金が不足する要因はいろいろとありますが、ここではよくある事例として3つのケースをご案内します。

掛売りが最大の原因

資金が不足してしまう要因はいろいろとありますが、もっとも大きい原因はずばり掛売りです。
現金商売のスタイルであればよいのですが、多くの事業では掛けで売る、つまりツケで売るスタイルが圧倒的に多いと言えます。
例えば今月に売った代金は来月末に払ってもらうという約束で事業を行うわけです。
つまり売れたけれどもその代金はまだ手元にはないわけです。
来月末にならないとお金は入ってこないということです。
しかし来月末までの間には従業員の給与や家賃、あるいは材料などの仕入代金の支払いなどがあります。
売った代金が手元にあればその資金で支払えば良いのですが、ツケ、つまり掛売りですから資金が手元にありません。
だから資金が不足してしまうのです。
では掛売りをやめてすべて現金商売に出来れば資金繰りのことで悩むことはほとんどなくなりますが、その反面掛売りでないとなかなか売上が伸ばせないことも現実です。
世の中の事業スタイルの中心は掛売りですから、それを避けて事業拡大をしていくことは難しいと言えます。
掛売りを前提として、つまり資金が不足する状態であることを前提として資金繰り管理を行うことがとても大切なことになります。

その他の資金不足の要因


掛売り以外の原因で資金が不足してしまうケースとして代表的なものが残念ながら事業が赤字のケースです。
赤字ということは現金ベースで置き換えると入ってくるものよりも出ていくもののほうが大きいということです。
当然、収支がマイナスとなりますので資金が不足していくのです。
また銀行から借入金を抱えている場合には、その返済のために資金が不足してしまうこともよくあります。

資金が不足してしまう原因はさまざまです。
しかし必ずそれに対処する方法があります。
冒頭にも説明しましたが資金繰りは事業遂行の上で最優先の項目です。
一瞬でも資金繰りがショートしてしまえば、ほとんどのケースで倒産してしまいます。
どのようにして資金繰りに付き合っていけば良いのか、どのように対策を講じれば良いのか、そんな読者のみなさんの悩みや疑問に答えていきます。

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.