銀行融資の基本

銀行の融資姿勢はこんなに違う

ホーム銀行融資の交渉>銀行の融資姿勢はこんなに違う

銀行から提案による融資と銀行への申し込みによる融資のケースでは銀行の姿勢は大きく異なってきます。
銀行からの提案の場合には基本的に銀行が「融資したい!」と考えており、その提案を受け入れれば比較的容易に銀行は融資を実行します。
これに対して銀行への融資申し込みによる場合には極端に融資姿勢は慎重になります。
特に融資希望日まで日がない時期での申し込みはさらに慎重姿勢になります。

これは多くの場合ですが銀行への融資申込の場合には取引先の資金繰りが程度の差はあれ逼迫している、あるいは逼迫が見込まれることを意味しているからです。
融資希望日まで日がない時期の場合には資金繰りの逼迫は確実と銀行は考えます。
銀行融資の審査の基本はきちんと返済ができるかどうかです。
返済出来るためには資金繰りの安定が大前提です。
すべてのケースではありませんが、銀行への融資申込の場合には資金繰り難を銀行は懸念していますから融資姿勢が慎重になるのです。

ではどうすれば良いのか。
銀行に融資相談をする場合には可能な限り時間に余裕をもった相談がカギです。
そのためには今後の資金繰り見通しを早い段階で予想しておくことが大切です。
月の半ばにその月末に融資してほしいと言われるよりは来月の融資相談の方がはるかに銀行の安心感は異なるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.