融資審査マンの見方 資金繰り

赤字の運転資金申込方法

赤字というのは入ってくる資金よりも出ていく資金の方が多いということです。
手元に資金があればそれを取り崩すことで当面は凌げますが、赤字が続ければ手元資金のいつの日かは底をつきます。
銀行が嫌がる赤字の場合の運転資金融資ですが、相談方法を説明します。

赤字の意味するところ

銀行員の思考
この図は赤字決算に対する銀行員の平均的な考え方です。
銀行は融資した資金を回収しなければなりません。
融資が回収できなければそれは銀行の損失になるからです。

赤字=返済ができないということ

この点において赤字決算は融資を返済することに重大な懸念が生じる事柄です。
返済の見込みがない融資を銀行は行うわけにはいきません。
このため赤字決算の先に対してはどうしても慎重な融資判断を行うことになります。

赤字だからこそ運転資金が必要

一方で融資を受ける側からすれば赤字だからこそ資金繰りを維持するために融資が必要となります。
手元の資金が底を着いてしまい資金繰りが破綻してしまえば、その時点で事業は停止せざるを得なくなります。
つまり倒産ということです。
簡単に倒産してしまうわけにはいきません。
何としても資金繰りを維持して事業活動を継続させることが必要です。
そのためには銀行から融資を受けることが欠かせないでしょう。

銀行側に立って考える

赤字で資金繰りが苦しいので融資をしてほしいと銀行にただお願いするだけでは希望通りに融資を受けることはできません。
ここは融資を行う銀行の立場になって考えることで融資が受けられるカギを見つけることができます。

銀行が心配していること

赤字先に対する融資で銀行がもっとも心配をしていることは返済されるのかどうかということです。
この心配事に対して銀行を納得させることが必要です。

今後の見込み

そのためには今後の業績の見込みの説明が欠かせません。
融資を受けて資金繰りを維持してどのように業績を立て直していけるのか、その道筋を具体的な銀行に説明することが必要です。
もっともその見込みは決してバラ色のものである必要はありません。
V字回復を銀行は求めているのではありません。
少しずつでも良いので着実に業績が回復していく具体的な対応策を銀行は求めています。
この具体的な対応策なくしては銀行から融資を期待することはできません。
業績回復に向けた具体策の検討においては銀行と相談することも可能です。
銀行もただ融資をして取引先の資金繰りを支援することだけではなく、取引先に対するコンサルティング機能の発揮を銀行は求められています。
銀行と一緒になって業績回復に向けた具体的な対応策を検討していくのです。
このような対応をとれば少なくとも事業継続に必要最低限の資金繰り支援を銀行から受けやすくなります。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方, 資金繰り
-,