銀行の本音

プロパー融資をしてくれる銀行を大切に

銀行には融資の種類としてプロパー融資と信用保証協会保証付融資というものがあります。
プロパー融資がある取引銀行と信用保証協会保証付融資のみの取引銀行とどちらを大切にすべきだと思いますか?

信用保証協会保証付融資とは

信用保証協会とは中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に保証人になってくれる公的機関です。
実際に非常に多くの中小企業や個人事業主がこの信用保証協会の保証制度を利用して銀行から融資を受けています。
銀行からすると公的機関が保証人になってくれるわけですから融資の回収に心配はありません。
万が一融資先が返済できなくなった場合には公的機関である信用保証協会が代わりに返済をしてくれるわけですから貸倒を心配する必要がありません。

プロパー融資とは

信用保証協会保証付融資に対してプロパー融資とはこの信用保証協会の保証制度を利用しない融資のことです。
プロパー融資の場合には万が一融資先が返済できなくなった場合には連帯保証人に返済を求めることになりますが、現実には連帯保証人から融資全額を回収できることは稀です。
担保を取っていればそれを競売等にて売却し融資を回収することになりますが、全額を担保にて回収できるとは限りません。
そして担保を取っていなければ融資の回収はまずできません。
このようにプロパー融資というのは銀行にとっては信用保証協会保証付融資に比べるとはるかに貸倒リスクが高い融資です。

プロパー融資は一歩踏み込んだ融資

したがってプロパー融資は銀行にとっては融資先に対して一歩踏み込んだ融資ということになります。
つまり融資先のことを信じて、つまりこの先は大丈夫だろうと思って銀行は融資をしていることになります。
一方で信用保証協会保証付融資は一歩踏み込まなくても容易に対応できる融資ということです。
ということはプロパー融資を実行している取引銀行は自社に対して高い信頼をしているということです。
こういう取引銀行はやはり大切にすべきではないでしょうか。
自社のことを信頼してくれているのです。
一方の信用保証協会保証付融資のみを実行している取引銀行は自社のことを必ずしも十分には信用していないということです。
プロパー融資の方が信用保証協会保証付融資よりも金利は高くなりがちです。
なぜならプロパー融資の方が信用保証協会保証付融資よりも銀行としては貸倒リスクが高いわけですから、どうしても金利は高くなりがちです。
しかし資金繰りに困った時には金利が高いとか低いとか言っている場合に陥ることがあります。
そのように資金繰りに困ったときに親身になって相談に乗ってくれるのはプロパー融資を実行している取引銀行です。
融資の金利が低い取引銀行ではありません。
そして事業継続に必要な最低限の融資を検討してくれるのもプロパー融資を実行している取引銀行です。
プロパー融資を実行してくれている取引銀行は大切にしましょう。

関連コンテンツ

-銀行の本音

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5