融資審査マンの見方

銀行融資と消費者金融

会社や個人事業主が事業資金を銀行から融資を受ける場合、会社の社長や個人事業主本人が消費者金融から借金がある場合に、事業資金融資の審査に影響を与えることがあります。
銀行融資と消費者金融との関係について説明をします。

質問

昨日、私が経営している会社が銀行から運転資金の融資を受ける契約を結ぶ段取りでした。
当日銀行から連絡がありお聞きしたいことがあるので契約を当日に行えないとのことでした。
理由として、私が以前に消費者金融から借り入れがある為どういう理由で借りたか。
今現在その借り入れが残っているかでした。
理由は、父親と商売を始めて軌道に乗るまでの間資金繰りが苦しいこともありその為に私名義で借り入れました。
残高は現在ありません。
銀行に本店に説明する為、残高が0円の証明と解約を証明できる物を提出して下さいと言われ提出しました。
今は銀行からの連絡待ちです。
融資額は2500万で、私が父親とは別に商売をする為です。
担保として父親の土地に2200万の抵当をつけるのと、保証人として父親をつけるようになってます。
父親の年収は約2000万です。私は現在336万です。
今はまた審査結果待ちという状態なのですが、融資は断られる可能性が高いでしょうか?

消費者金融に対する銀行の印象

銀行融資審査の根本

銀行では融資を行う際に必ず審査を行います。
審査はいろいろな切り口で行いますが、行きつくところは「貸した金が返ってくるかどうか」という一点です。
つまり融資先に返済能力はあるかどうかを審査しているのです。

消費者金融の影響

今回のケースは会社の社長が消費者金融から借金があるケースです。
事業資金の融資を受けようとしているのは会社です。
したがって会社と社長は別です。
しかしながら中小企業においては実際のところは会社と社長は一体です。
少なくとも銀行はそのように見ています。
消費者金融というのは高金利です。
誰でも金利が高い借金などしたくはありません。
ただし資金繰りが苦しくなって急ぎでお金が必要だとか、低金利のローンはすでに利用している場合などにはやむを得ず高金利の消費者金融を利用せざるを得なくなってしまいます。
つまり消費者金融から借金があるということは資金繰りが苦しいのではないか、資金繰りが安定していないのではないかと考えることが出来ます。
実質一体である社長の資金繰りが苦しいということは会社の資金繰りも苦しい、あるいは不安定ではないかという不安を銀行は持ってしまうのです。
安定して返済ができるには資金繰りが安定していることは前提です。
その点において社長が消費者金融から借金があるということは会社の資金繰りが不安定ではないか考えられますから、会社の融資審査が通りにくくなってしまうのです。

今回のケース

今回のケースは問題ないと考えます。
管理者が勤務している銀行では、消費者金融からの借入があったとしても、1,2社程度であれば問題なしとしています。
ただ銀行によって規定は異なることはお含みおきください。
利用していないこと、既に解約済みであることが銀行がわかれば、会社宛の融資審査は通る確率が高くなります。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方
-