個人の借金

リボ払いのメリット

リボ払いというと借金地獄になるなど悪いイメージもありますが使い方をきちんと行えば救世主になってくれるなどのメリットもあります。
リボ払いと正しい付き合い方をすればメリットが得られ決して悪いことばかりではありません。

リボ払いの仕組み

リボ払いとの正しい付き合い方を理解しメリットを得るためにリボ払いの仕組みの整理しておきましょう。
分割払いとリボ払い
この図はリボ払いを仕組みを理解するために分割払いとの比較を示したものです。
図の左側が分割払い、右側がリボ払いです。
分割払いは利用件数毎に支払回収を決めてそれぞれ支払いをしていくのに対してリボ払いは利用件数を問わず、あらかじめ設定された金額を毎月支払う方法です。
分割払いは利用件数毎に支払をしていきますから利用件数が多くなると毎月の支払額も多くなります。
これに対してリボ払いは利用件数に関係なく利用残高全体に対してあらかじめ設定した金額を支払っていきますから支払額が多くならず、かつ毎月の一定の金額になります。

リボ払いのメリット

リボ払いの最大のメリットは毎月の支払額を一定にすることができる点です。
クレジットカードの支払にはリボ払いの他に一括払いや分割払いがありますが、リボ払いに比べて支払の負担が多くなる傾向があります。
支払に余裕があれば一括払いや分割払いで十分ですが、支払に余裕がないこともあるでしょう。
リボ払いには確かに金利が発生しますが、無理して支払いをして資金繰りに窮するよりもリボ払いにして着実に支払いをしていく方が健全です。
無理をして支払をしてどこかでお金に余裕がなくなった時、支払が延滞してしまえば個人信用情報に傷がつき、利用停止や新たなクレジットカードやローンが組めなくなる危険があります。
カードローンやキャッシングなど新たな借金を作ってしまう可能性も出てきます。
それよりもリボ払いを利用して毎月の支払額を安定させた方が健全な資金繰りを維持できます。
このようにリボ払いは支払額を安定させて私たち個人の資金繰りを安定することができるメリットがあります。

リボ払いの正しい付き合い方

このようなリボ払いのメリットを十分に享受するにはリボ払いの最大のデメリットである金利が高いために金利支払い額が多くなり、リボ払いの利用残高が思うように減らないということとうまく付き合いましょう。
リボ払いのデメリットとうまく付き合うには手元に少しでもお金の余裕が出た時にはこまめに繰上返済を行うことです。
繰上返済は利用残高の一部でも行うことができます。
繰上返済を行うことによりリボ払いの利用残高を減らすことができ、リボ払い残高がなかなか減らないということがなくなります。
繰上返済はコンビニエンスストアのATMなどで手軽に行うことができます。
リボ払いは健全な個人の資金繰りを維持するうえで大きな武器です。
うまくつきあってリボ払いのメリットを生かしましょう。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5