個人の借金

住宅ローンを多めに借りることはできますか?

住宅ローンを多めに借りて他の借金をまとめたい、住宅ローンを多めに借りて生活費に余裕を持たせたい・・・。
いろいろな理由から住宅ローンを多めに借りることができたらと考えている方々がいらっしゃいます。
果たして住宅ローンを多めに借りることはできるのでしょうか?

住宅ローンの資金使途

住宅ローンは個人の人が居住するための住宅を取得するためのローン商品です。
住宅ローンの資金使途として認められているものは、
・住宅物件の購入資金
これだけです。
もちろん建物の建築代金や内装工事代金は住宅物件の購入代金に含まれますから、住宅ローンとして利用することができます。
なお住宅購入には税金や保証料、火災保険料など諸費用が必ず発生します。
これらの諸費用も住宅ローンとして利用できる銀行もあれば、住宅ローンではないものの別途諸費用ローンとして対応をしている銀行もあります。
いずれにしても住宅ローンは住宅を購入するために必要な資金に限定したローン商品です。

住宅ローンを多めに借りることはできません

したがって住宅ローンをこれら住宅取得にために必要な資金を超えて多めに借りることはできません。
銀行では住宅ローンの申込を受けると土地や建物の売買契約書、建物の建築請負契約書といった資料の提出を求めますが、これらの資料に基づいて住宅取得に必要な資金を算定しています。
そしてこの住宅取得に必要な金額の範囲内にて住宅ローンの申込を受け付けています。
仮に必要な金額の範囲を超えて住宅ローンを多めに借りる申し込みを受けても、銀行は絶対に住宅ローンの申込を受付しません。
むしろ住宅ローンを多めに借りるような申し込みを受けたとしたら、住宅ローンの審査は必ず否決になるでしょう。

住宅ローンを多めに借りるために

住宅ローンを多めに借りるために、土地や建物の売買契約書を業者と示し合わせて実際の金額よりも多くして銀行から住宅ローンを多めに借りるという話を耳にすることがあります。
しかしこのような行為は住宅ローンを借りる個人としては非常にリスクの高い行為です。
まず言えることは実際よりも水増しして契約書を作成して銀行から住宅ローンを多めに借りるという行為は詐欺行為です。
刑事罰を問われることになります。
また業者への支払は住宅ローンの実行日に行われます。
銀行は住宅ローンの資金使途を厳格に管理をしています。
住宅ローンにより売買契約書等に記載された金額をその通りに業者に支払われることを厳格に管理をしています。
少ない金額で支払うといったことはできません。
あとで業者から戻してもらえれば良いかもしれませんが、業者が約束通りにお金を戻してくれるとは限りません。
いずれにしても実際よりも住宅ローンを多めに借りることはできませんし、多めに借りることは非常にリスクが高い行為であり取り返しのつかない結果を招く可能性が高いです。
そのような話があっても絶対に受けてはいけません。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-