個人の借金

複数の消費者金融から借金があります

借金は利用件数に応じて返済が膨らむ

ある20代女性の事例です。
まずは次の図をご覧ください。
この女性の借金の状況です。
借金明細
3つの消費者金融から借金があり、その総額は110万円になっています。
そして毎月の返済額は3万円です。
基本的に借金の返済額は借金をしている件数が増えるにつれて増加していきます。
この女性の場合には最初は消費者金融A社からの借金のみで毎月の返済額は1万円でした。
そこから消費者金融B社、消費者金融C社の借金の件数が増えていき、今では毎月の借金の返済額が当初の3倍の3万円となっています。
さて、これを踏まえてこの女性のお金の収支状況を見ていきます。
次の図をご覧ください。
家計収支
収入が18万円に対して食費や家賃などの生活費が合計174千円となっています。
そして収入からこれら生活に関わる支出を差し引いた残りは⑲の生活収支6千円です。
つまり生活するだけでぎりぎりの状態だと言えます。
そこに借金の返済額が毎月3万円ありますから、この女性の毎月のお金の収支は㉓のようにマイナス24千円となっています。
㉓の総合収支はマイナスということはお金が足りないということですから、それを補うために新たな借金をして借金が膨らむ。
そうなるとまた返済額が増えるという悪循環に陥ります。
㉓の総合収支は大きいとなかなかそれを挽回することが難しいですが、この女性の場合にはマイナス24千円です。
何とかなりそうな水準ですね。

借金の件数を減らす

まず毎月3万円という借金の返済額が減らないか見てみましょう。
消費者金融Aの利用限度額が50万円に対して現在の利用残高は30万円です。
ということは20万円の追加利用が出来ます。
一方で消費者金融Cの利用残高はちょうど20万円です。
したがって消費者金融Aにて追加で20万円を利用して消費者金融Cを完済しましょう。
そうするとその後は消費者金融Aと消費者金融Bの2社の借金件数となり、毎月の返済額は2万円となります。
返済額が1万円少なくなりました。
さきほど㉓の総合収支はマイナス24千円でしたから、これがマイナス14千円となりあと少しです。
この14千円はなんとか生活費の見直しをしてクリアに出来そうな水準です。
総合収支が最低でもトントンになれば借金の返済のため、あるいは生活のために新たな借金をする必要はなくなります。
着実に借金が減っていくはずです。

金利ではなく借金の件数のほうが重要

ところで消費者金融Aの金利は15%です。
これに対して消費者金融Cの金利は14.5%です。
金利が高い消費者金融Aを利用して金利が相対的に低い消費者金融Cを返済すれば利息がもったいないではないかという指摘をされる方がいらっしゃいます。
金利差にもっと開きがあれば、このような指摘も正解ですが、消費者金融Aと消費者金融Cの金利差は0.5%です。
今回消費者金融Aから20万円を借りて消費者金融Cの借金を返済するわけですが、20万円に対して利息が増える額は年間でわずか1,000円です。
20万円×0.5%=1,000円。
利息計算式
利息は元金に対して発生します。
利息の支払いを減らすには金利も1つの要素であることに間違いはありませんが、元金の方がよほど大きな影響があります。
元金が減れば利息は着実に減っていきます。
わずかな金利差に着目するよりも元金をいかに減らすかに焦点を当てた方が、結果としてトータルの利息支払額は確実に少なく済みます。

借金を減らすには収入の範囲内に収支が収まるようにするのが最適でありかつ最速です。 生活費の見直しとともに、借金の返済額を減らして収支を改善すれば完済への道が見えてきます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-個人の借金
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.