個人の借金

カードローンの返済が苦しく利息のみの返済にしたい

カードローンの返済が苦しい場合、債務整理などを行えば利息のみの支払にすることは出来ます。
しかしこれは個人信用情報に傷がつきますからお薦めしません。
実質的に利息のみの支払となる方法をご案内します。

債務整理は傷がつく

カードローンの返済が苦しく利息のみの支払としたい場合に直接カードローン会社に相談をしても認められることはなかなか難しいのが現実です。
もっとも手っ取り早い方法は債務整理の手段を講じることです。
債務整理の手段を講じればカードローン会社も応諾をし利息のみの支払とすることは可能でしょう。

個人信用情報に傷がつく

しかしこの債務整理を行うと個人信用情報機関にその事実が登録されることなり、完済から5年後でないとその情報は消えません。
個人信用情報は個人がローンやカードの申し込みを行う際に、銀行やカード会社などが必ず審査の過程で調査を行う対象です。
そして個人信用情報に債務整理や延滞などのネガティブな情報があれば、その時点で審査は否決となります。
債務整理を行うと確かに利息のみの支払にすることは出来ますが、個人信用情報に傷がつく大きなデメリットがあることを忘れてはなりません。

実質的に利息のみの支払にする

個人信用情報に傷がつくことはためらう方も多いでしょう。
しかしカードローンの返済が苦しいことは何とかしないといけません。

カードローンの特徴を知りましょう

キャッシング枠
この図はカードローンの特徴を示したものです。
カードローンは一定の利用可能枠というのが設定されています。
図の例ですと利用可能枠は50万円です。
利用可能枠までは繰り返し利用することが出来るのがカードローンの最大の特徴です。
例えば図のように20万円を利用中とすると利用可能枠までの差額の30万円はいつでも利用が可能です。
この特徴を利用して実質的に利息のみの支払にすることが出来るのです。

返済額の内訳

ここでカードローンの返済額の内訳を確認しておきます。
ここに実質的に利息のみの支払にする答えがあります。
返済内訳
図のように毎月のカードローン返済額が3万円だとすると、その3万円は元金の返済に23,750円、利息の返済に6,250円に充てられています。
(元金の返済額や利息の返済額は返済金額や金利、利息計算日数によって異なります)
ここで注目したいのは元金の返済に23,750円が充てられているということです。
さきほどの利用可能枠から考えるとすると23,750円の利用可能枠が広がったということです。
そしてカードローンは利用可能枠までは繰り返し利用できることが最大の特徴でした。
つまり苦しみながらもカードローンを3万円返済しても、その後に23,750円を借入することが出来ますから実質的に利息の6,250円のみの支払にすることが出来るのです。
ただこれはカードローンの利用残高が減らないこととなりなることには注意が必要です。
あくまでの返済が苦しい時の急場の策として考えてください。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5