個人の借金

住宅ローンの審査に影響する延滞と影響しない延滞

住宅ローンの審査は銀行の個人向けローンのなかでもっとも厳しい内容です。
過去から現在までの間にクレジットカードやローンの支払状況で気になることもあると思います。
延滞には住宅ローンの審査に影響する場合と影響しない場合がありますので説明をします。

住宅ローンの審査項目一覧

住宅ローンの審査項目一覧
この図は銀行で行われている住宅ローンの審査項目を一覧にしたものです。
このうち延滞に関係してくるのは10の他社借入状況です。

個人信用情報の調査

住宅ローンの審査においては必ず申し込みをした人の個人信用情報を調査します。
住宅ローンの申込時には他社からの借入状況を申告することになりますが、それとは別に銀行や住宅ローンの保証会社は申し込みをした人の個人信用情報を調査します。
個人信用情報を調査することにより他社からの借入内容や支払状況、つまり延滞の有無を確認することができます。
ところでこの延滞にもいろいろとあります。
延滞したことがあっても住宅ローンの審査には影響しないこともありますし、過去の延滞が原因で住宅ローンの審査に通らないこともあります。
住宅ローンの審査に影響する延滞と影響する延滞を説明します。

3ヶ月以上延滞をしたことがある

クレジットカードの支払やローンの支払いを少なくとも3ヶ月以上延滞をすると、個人信用情報に延滞情報として登録がされます。
延滞情報とは金融上の事故情報に該当します。
そしてこの延滞情報は延滞が解消してから5年間は個人信用情報に延滞情報として登録がされています。
5年が経過するとこの延滞情報は個人信用情報から削除されます。
したがって3ヶ月以上の延滞をしたことがあり、延滞が解消してから5年以内の時期に住宅ローンを申し込んだ場合、個人信用情報の調査で延滞情報、つまり金融上の事故情報がわかります。
これがあると住宅ローンの審査は一発でアウトです。

3ヶ月以上の延滞の解消から5年が経過している

過去に3ヶ月以上の延滞をしたがそれを支払ってから5年が経過した後に住宅ローンを申し込んだ場合には、延滞情報が個人信用情報から削除されています。
したがってこのようなケースでは過去に延滞があってもそれだけが理由で住宅ローンの審査に通らないということはありません。

クレジットカード等の支払を1回、2回程度延滞したことがある

個人信用情報には直近2年間のクレジットカードやローンの支払状況が記録されています。
記録されている内容は支払日にきちんと支払がされたかどうかです。
そのため1日でも支払が遅れる、つまり延滞をすると支払日に支払がなかったことが登録されます。
ただし支払が遅れた回数が直近2年間で1回や2回程度であれば「預金口座に入金するのを忘れた」と考えることもできます。
他の住宅ローンの審査項目状況との兼ね合いがありますが、他の審査項目に問題がなければ「預金口座に入金するのを忘れた」と考えられて住宅ローンの審査には影響しない可能性があります。

クレジットカード等の支払が何回も延滞している

支払を延滞したのが1回や2回に留まらず、5回も6回もある場合には「預金口座に入金するのを忘れた」とはもはや考えられません。
お金がないから延滞したと考えられてもやむを得ない状況だと思います。
このように延滞回数が多い場合には住宅ローンの審査には通りません。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-