個人の借金

カードローンを組むかクレジットカードのリボ払いを使うか?

クレジットカードの代金引落のお金に余裕がない時、リボ払いにした方が良いのか、それともカードローンを借りて引落の資金を用意した方が良いのか、どちらが良いのでしょうか。
この場合、基本的にはクレジットカードのリボ払いを利用したが方が良いと考えます。
その理由を説明します。

金利だけ見れば・・・

金利だけの要素を検討材料にするのであればカードローンの方がお得でしょう。
クレジットカードのリボ払いの金利は概ね15%~18%です。
一方でカードローンの場合はクレジットカードのリボ払いの金利と同水準があるいは低いことが多いと言えます。
借金をするにあたっては当たり前のことですが金利は低い方が決まっています。
しかし金利だけで決めるのは危険です。

借金が2つになる

クレジットカードの代金引落をカードローンの利用で行った場合、さしあたりの借金はカードローンだけになります。
カードローンは利用限度額まで繰り返し利用することができますが、利用限度額一杯になれば返済を行わない限り、カードローンを利用することはできません。
その後もクレジットカードの引落金額をカードローンの利用で対応していても、そのうちカードローンの利用額が限度額一杯になりカードローンが利用できなくなる危険があります。
カードローンが十分に利用できなくなると今後はクレジットカードの引落が出来なくなってしまいますからまた別の新たなカードローンを利用したり、リボ払いに変更したりして返済を凌ぐことになっていきます。
そしていつの間にか借金が2つなり、それが3つになりと借金の件数が増加してしまう懸念があります。

借金の返済額は借金の件数に比例する

借金の返済額は借金の件数に比例して確実に増加します。
借金の件数が1件のうちは返済負担も比較的少なく、借金への負担感はそれほど感じないでしょう。
しかし借金の件数が2件、3件と増加していくと返済額も大きくなっていき、借金の返済負担を大きく感じるようになります。
これは絶対に避けなければなりません。

クレジットカード単体で解決する

クレジットカードの引落が大きくて支払に不安がある場合には、カードローンのような別の借金で対応するのではなくクレジットカードのリボ払いにて対応することをおすすめします。
つまりクレジットカードの支払はクレジットーカードが持つ機能だけで対応するということです。
これは借金の件数を増やすことなくクレジットカードの支払に対応することになります。
カードローンという別の借金でクレジットカードの支払に対応するのではなくクレジットカードだけで済ませる。
これが借金を雪だるま式に増やさない鉄則です。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, ,